読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

バルセロナオープン2017ドロー組み合わせ表と出場選手【テニス錦織圭】

4月からの国際テニス大会はヨーロッパのクレーコートシーズンとなる。
2017年、錦織圭選手のクレー1戦目はスペイン・バルセロナオープン。錦織選手はバルセロナオープンで2度優勝、昨年は準優勝であった。また、地元スペインのナダル選手が得意とする大会でもある。
バルセロナオープン2017のドロー組み合わせと出場選手を調べた。

バルセロナ2017日程と放送

※4/24 錦織圭選手が右手首の痛みで欠場を発表。日本からはダニエル太郎選手と杉田祐一選手がシングルス本戦入り。

錦織選手の次戦は

マドリードオープン日程

 

sponsored link

 

 

バルセロナオープン2017ドロー組み合わせ表

※4/25杉田選手が1回戦を突破。2回戦は第9シードのガスケ選手。試合は4/25(火)コート1の第2試合。コート2では日本時間夕方6時からの第1試合に、ダニエル太郎vsバシラシビリ1回戦。

※4/24 更新

シングルス

ドロー数 48

※錦織選手は欠場。

f:id:uwanosorajikenbo:20170424152915p:plain

http://www.protennislive.com/posting/2017/425/mds.pdf

ライン27の杉田祐一選手は予選2回戦で敗れたがラッキールーザーで本戦入り。1回戦の相手は、スペインのロブレド選手。ロブレド選手は2004年のバルセロナオープン優勝選手、2006年は準優勝している。

ライン51のダニエル太郎選手は、予選を勝ち抜き本戦入りした。初戦の相手はジョージアのバシラシビリ選手。

第1シードのマレー選手がライン1、第2シードであった錦織選手が欠場となって、らい64はペール選手となった。

ランキング順に勝ち進んだ場合の準々決勝の組み合わせは、

  • マレー vs バウティスタアグ
  • ティエム vs カレノブスタ
  • ツベレフ vs ナダル
  • ゴファン vs ペール

 

シングルス予選

ドロー数 24

※追記4/22 杉田祐一選手が予選1回戦勝利、2回戦の相手はディエス選手。

ダニエル太郎選手も1回戦勝利、2回戦の相手はブランズ選手。

f:id:uwanosorajikenbo:20170422081002p:plainhttp://www.protennislive.com/posting/2017/425/qs.pdf

ライン5に杉田祐一選手が、ライン17にダニエル太郎選手が。

杉田選手は第2シード、ダニエル選手は第5シードで、1回戦では両選手ともスペインのワイルドカードの選手と対戦。

2回勝てば本戦入り。

ダブルス

ドロー数 16

f:id:uwanosorajikenbo:20170424154617p:plain

http://www.protennislive.com/posting/2017/425/mdd.pdf

ティエム選手やゴファン選手がダブルスにも出場している。

ダブルス予選

f:id:uwanosorajikenbo:20170422220854p:plainhttp://www.atpworldtour.com/en/scores/current/barcelona/425/draws?matchType=qualifierDoubles

バルセロナオープン2017シード選手 シングルス

シードは4/17発表の世界ランキング順。

  1. A.マレー[1]
  2. K.錦織[5] 欠場
  3. R.ナダル[7]
  4. D.ティエム[9]
  5. D.ゴファン[13]
  6. R.バウティスタアグ[18]
  7. P.カレノブスタ[19]
  8. A.ツベレフ[20]
  9. R.ガスケ[22]
  10. A.ラモスビノラス[24]
  11. P.クエバス[27]
  12. P.コールシュライバー[30]
  13. D.フェレール[33]
  14. M.ツベレフ[35]
  15. J.ソウザ[36]
  16. F.ロペス[39]
  17. B.ペール

バルセロナオープン2017日本人出場選手

シングルス本戦

  • 錦織圭

シングルス予選から

  • ダニエル太郎
  • 杉田祐一

西岡良仁選手が本戦から出場予定であったが、先月マイアミの2回戦で左ひざ前十字じん帯断裂、手術を受けて復帰時期は未定。

バルセロナオープン2017出場選手一覧

※錦織選手も欠場。

※追記 アンディ・マレー選手が参戦!アレクサンダー・ツベレフ選手も参戦。ダスティン・ブラウン選手が西岡選手の代わりに繰り上がりで本戦入り。

欠場は、ベルディハ選手、ヤング選手。

R.ナダル スペイン
K.錦織 日本
D.ティエム オーストリア
T.ベルディハ チェコ
D.ゴファン ベルギー
R.バウティスタアグ スペイン
P.カレノブスタ スペイン
R.ガスケ
A.ラモスビノラス スペイン
P.クエバス ウルグアイ
P.コールシュライバー
M.ツベレフ
D.フェレール スペイン
F.ロペス スペイン
J.ソウザ ポルトガル
B.ペール
B.トミック
D.エバンズ
M.グラノリュエス スペイン
K.エドマンド
M.ジャジリ チュニジア
K.ハチャノフ
N.アルマグロ スペイン
T.ベルッチ ブラジル
J.シャルディ
K.アンダソン 南ア
T.ロブレド スペイン
N.バシラシュビリ ジョージア
C.ベルロック アルゼンチン
P.エルベール
D.イストニム ウズベキスタン
J.モナコ アルゼンチン
A.セッピ
J.ストルフ
D.ヤング
H.セバロス アルゼンチン

参考:https://www.barcelonaopenbancsabadell.com/

現在シングルス本戦に出場を予定しているのは以上の選手。ナダル選手を筆頭に地元スペインの強豪選手がずらりと顔をそろえる。

バルセロナ2017の注目選手は?

※追記4/22 ワイルドカード枠でマレー選手とA.ツベレフ選手が出場することになり、こちらも目が離せない。

錦織圭 ※欠場発表

錦織選手は、2011年から連続出場で今年は7回目。
2014年優勝、2015年優勝、そして昨年はナダル選手に敗れて準優勝であった。
クレーコートで優勝しているのはバルセロナオープンだけ。

ナダル

何と言ってもナダル選手。ナダル選手は世界のスターであるが、バルセロナオープンでは毎年圧倒的なフィーバーでナダル選手なしのバルセロナなんて、といった様子であるそうだ。ナダル選手はこれまでバルセロナオープンに12回出場。うち9回優勝している。昨年2016年もナダル選手が優勝。
今年のナダル選手は好調で年始に世界ランキング9位であったのを4/3付けでは錦織選手を抜きあっというまに5位となった。

今年もナダル選手と錦織選手がシード1と2となる見込みで、順調に勝ち進めば決勝で対決。

ティエム

ティエム選手は第3シードとなる見込みで、今年のリオオープンをはじめ、クレーコートで優勝6回のクレーコートを得意とする選手である。
これまでバルセロナオープンには2014年と2015年の2回出場していて、最高成績は3回戦進出。ティエム選手がクレーで優勝するようになったのはこのすぐ後の2015からで、今回は活躍が期待される。

他には、スペインのロブレド選手が2004年優勝、2006年に準優勝、また、フェレール選手が4回準優勝、アルマグロ選手が2013年に準優勝している。

 

sponsored link

 

 

まとめ

バルセロナーオープン2017には、錦織圭選手をはじめ、ナダル選手やティエム選手が出場する。日本からはほかに予選にダニエル太郎選手と杉田祐一選手が出場予定である。

本戦ドロー発表は大会直前の現地4/22。

※4/24 追記 当初出場が予定されていた錦織選手と西岡選手は残念ながら欠場となってしまったが、杉田選手やダニエル選手がシングルス本戦入りした。

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com