読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

ウィンブルドンテニス2016は何回戦までで決勝戦はいつ?試合日程を調べてみた

ウィンブルドン2016 テニス

wimbledon-round

2016年のウィンブルドンテニスは、6月27日(月)から7月10日(日)までの2週間開催される。

この間に、男子シングルス、女子シングルス、男子ダブルス、女子ダブルス、ミックスダブルスの5つのメインイベント、そしてジュニアイベントと招待イベントがあり、公式ページによると、合計662試合行われる。

ウィンブルドンの試合形式は、いわゆる勝ち抜き戦であるシングル エリミネーショントーナメントで、一度負けたらそこで敗退という方式。

何回戦勝つと優勝できるのか?

また、決勝戦はいつ行われるのだろうか?

試合日程を調べた。

 

sponsored link

 

 

ウィンブルドンテニスは何回戦まである?

ウィンブルドンのテニス大会は、グランドスラム(四大大会)のひとつで、世界のテニス大会の中で最も大きなものの一つだ。

男子、女子共に、シングルス本戦の出場選手数は、128である。
これを、ドロー数、ドローの大きさ、またはドローという。

1対1の勝ち抜き戦であるから、1回戦ごとに半数になっていく。よって・・・

 

7回戦

 

まである。

 

呼び方は通常、

1回戦
2回戦
3回戦
4回戦
準々決勝
準決勝
決勝

である。だからご存知の通り、5回戦、6回戦、7回戦とは言わない。

 

ウィンブルドンの公式ページでは、

first round
second round
third round
forth round
quarter-final
semi-final
final

と呼んでいる。

こうしてみると、「何ラウンドまでか」、という言葉のほうが、「何回戦までか」と言うよりわかりやすいかも。ボクシングみたいだが。

 

記録などでは、

R128
R64
R32
R16
QF
SF
F

となっていることもある。

RはラウンドのR。

こちらだと、ベスト16とか、16強というときにだけは分かりやすいかも(笑)

難点は、大会によってドロー数が違うから、ドロー数に詳しい人じゃないと何回戦かが分からないところか。

 

ダブルスは、男子、女子がドロー数64。

よって、6回戦

 

混合ダブルスは、ドロー数48。

おや、これは2の累乗じゃない。

というわけで、この場合は、48より大きく一番地下2の累乗数(この場合は64)と同じ試合数になり、6回戦あることにとなる。
そして、第16シードのチームまでが、1回戦不戦勝(Bye)となる。

 

ジュニア部門では、シングルスとダブルス男女ともに、優勝まで6回戦。
車いす部門では、シングルスが3回戦、ダブルスでは2回戦である。

 

ウィンブルドンの決勝戦はいつ?

決勝戦は、すべて最後の土曜と日曜に行われる。
2016年は、7月9日と7月10日。

 

ウィンブルドン2016の男子シングルスの決勝は、

現地時間:7月10日(日)午後2時より。
日本時間:7月10日(日)午後10時より。


女子シングルスの決勝は、

現地時間:7月9日(土)午後2時より。
日本時間:7月9日(土)午後10時より。


女子シングルスの決勝の後、9日(土)に行われる決勝は、

男子ダブルス
女子ダブルス
女子ジュニアシングルス
車いす女子シングルス
車いす男子ダブルス


10日(日)、最終日の男子シングルスの決勝のあとに行われる決勝は、

混合ダブルス
車いす男子シングルス
車いす女子ダブルス
男子ジュニアシングルス
男子ジュニアダブルス
女子ジュニアダブルス

となっている。

また決勝はすべてセンターコートで行われる予定である。


ウィンブルドンの試合日程

ウィンブルドンテニス2016の本戦は、6月27日(月)から。
男子と女子のシングルスから封切られる。

3日目からダブルスが始まり、ジュニアの試合が始まるのは2日の土曜日、
車いす部門は2週目の木曜日からとなっている。
最後の5日間には、往年の有名選手による招待試合も行われる。

また、ウィンブルドンでは今年から新たに、これまでダブルスだけだった車いす部門のシングルスがスタートする。

公式サイトをもとに表にしてみた。

f:id:uwanosorajikenbo:20160603231734p:plain
引用元:wimbledon.com/en_GB/atoz/schedule.html
表内の日付以外の数字は1回戦、2回戦、3回戦、4回戦を表している。

ミドルサンデー、7月3日の日曜日は、試合がない休みの日である。
ただし、試合スケジュールに大幅な遅れが出た場合には、試合が行われることもある。


まとめ

ウィンブルドンテニスは、シングルスが男女ともに優勝まで7回戦あり、車いす部門シングルスが3回戦、ダブルスが2回戦、ほかはすべて6回戦である。

どの部門の決勝も、試合期間最後の土曜日または日曜日に行われる。

女子シングルスの決勝は、土曜日の現地時間午後2時(日本時間午後10時)から行われ、男子シングルスの決勝は、日曜日の午後2時(日本時間午後10時)から行われる。

 

sponsored link