うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

ウィンブルドン2016ドロートーナメント表!錦織圭ブロック男子シングルスの組み合わせは

tennisball

ウィンブルドン2016のドローが24日に発表された。

雨で予選が大幅に遅れていて予選の勝ち抜いた選手は出そろっていない。

男子シングルスのドロートーナメント表に現在名前がある日本人選手は錦織圭選手とダニエル太郎選手である。

第5シードの錦織選手のブロックは果たしてラッキーな組み合わせか。

※追記6/25

西岡良仁選手が予選を突破、男子シングルスに日本人選手は3名出場する。

 

sponsored link

 

 

ウィンブルドン2016男子シングルスの組み合わせ

男子シングルスの組み合わせのリンクはこちら

f:id:uwanosorajikenbo:20160625092511p:plain

出典:http://www.wimbledon.com/en_GB/scores/draws/ms/msdraw.pdf

 

雨のため延期となっている予選勝ち抜き選手がまだ決まっていない。

現在のところ、男子シングルスに出場する日本人の選手は、二人。
錦織圭選手とダニエル太郎選手である。

ウィンブルドン016の男子シングルスには日本人選手が3名出場することとなった。

錦織圭選手、ダニエル太郎選手、そして予選を勝ち抜いた西岡良仁選手である。

ドロー表では、上から、

 

西岡良仁選手 - 52番

錦織選手 - 64番

ダニエル太郎選手 - 109番

 

赤い矢印のところである。

 

錦織選手の1回戦の相手は、オーストラリアのグロス選手。
ダニエル太郎選手の1回戦の相手は、アルゼンチンのモナコ選手である。

そして、西岡選手の相手は、ウクライナのスタコフスキー選手である。

 

錦織選手のライバル選手である第10シードまでの選手は、

ジョコビッチ選手 - 1番、
ラオニッチ選手 - 32番、
フェデラー選手 - 33番、
チリッチ選手 - 49番、
ティエム選手 - 65番、
ベルディハ選手 - 80番、
ワウリンカ選手 - 96番、
ガスケ選手 - 97番、
マレー選手 - 128番、

となっている。


錦織圭選手のブロック

準々決勝までの錦織選手のブロックを見てみよう。

f:id:uwanosorajikenbo:20160624205616p:plain

2回戦までは、シード選手はいない。

順調に行けば、3回戦で第29シードのクエバス選手に、4回戦で第9シードのチリッチ選手とあたる。

チリッチ選手当たるこの4回戦は山場となるだろう。

そして準々決勝で、第3シードのフェデラー選手である。

準決勝は、ジョコビッチ選手かラオニッチ選手。

 

また逆に決勝まで当たらない選手は、マレー選手、ワウリンカ選手、ガスケ選手、ティエム選手である。

優勝候補として人気のある大15シードのキリオス選手も決勝まで当たらない。

 

西岡選手のブロック ※追記6/25

予選が終わり、ドロー表が更新された。

西岡選手が、錦織選手と4回戦であたるブロックに入った。

錦織選手と西岡選手のブロックを書き直してみた。

が1回戦、黄色が2回戦、薄い緑が3回戦、濃い緑が4回戦、そしては準々決勝の候補選手である。

f:id:uwanosorajikenbo:20160625093147p:plain

西岡選手は、2014年にプロに転向した20歳。

予選突破後の西岡選手の様子。

 

さわやかな笑顔で嬉しそうだ。

西岡選手の現在の世界ランキングは122位、自己最高は101位。

ウィンブルドン本戦1回戦のの相手は、S.スタコフスキー選手。ウクライナ生まれの30歳である。現在の世界ランキングは92位で自己最高は31位。

西岡選手とスタコフスキー選手は先日のハレで1度対戦していて、スタコフスキー選手がストレートで勝利している。

ダニエル太郎選手のブロック

ダニエル選手は、錦織選手とは違うブロックで、錦織選手と当たるとしたら、決勝のみだ。

ダニエル選手のブロックをみると、2回戦に第12シードのツォンガ選手、3回戦にイスナー選手、4回戦にガスケ選手、準々決勝でマレー選手かキリオス選手とあたる。

f:id:uwanosorajikenbo:20160625093753p:plain

ダニエル太郎選手の1回戦の相手は、アルゼンチンの32歳、J.モナコ選手。

現在の世界ランキングは97位であるが自己最高は10位である。

 

対するダニエル選手は、現在ランキングが115位、自己最高は85位である。

ダニエル選手は23歳。

二人は今回が初対戦。

 

まとめ

ウィンブルドン2016の男子シングルスのドローが発表され、錦織選手は64番、ダニエル太郎選手は109番である。

錦織選手のブロックで強敵が現れるのは4回戦。チリッチ選手である。

勝てば、準々決勝ではフェデラー選手。フェデラー選手は去年のウィンブルドンでは準優勝。もしここがフェデラー選手出なかったとしたらワウリンカ選手だった。

準決勝では敵なしのジョコビッチ選手である。

また、西岡良仁選手が予選を見事突破し、新たに本戦に出場することとなった。ドロー表では、52番。

がんばれ日本選手!

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

 

 

sponsored link