読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

イギリスのEU離脱 海外の反応

brexit

 

EU離脱が多数となったイギリスの国民投票で世界に衝撃が走った。

世界はどのように反応したのか。

海外の反応を集めてみた。

 

sponsored link

 

 

 

 

 

"お客様、パラシュートをお持ちになってはいかがでしょうか?"
"ありがと、でも旗で大丈夫だから。"

 

 

"パトリック、僕たちはやったよ!街を救ったんだ!"

"投票者が今思うこと"

 

 

"で?"

"投票後のみんな"

 

"2016年6月23日 独立記念日"

"イギリスはやった!すごいニュースだ。離脱は事実だ。イギリス国民を誇りに思う。"

 

グレー:もう一緒にいられない
ブルー:どうして?つらかったけどうまくいきかけていたじゃない
グ:よく考えたんだ。ごめん。おしまいだ。
ブ:もう決めたのなら尊重する。
グ:ありがとう。自分のスペースが必要なんだ。
ブ:いつあなたのもちものを取りに来る?
ブ:ハロー
ブ:ちゃんとあなたのもの持ってってね。
グ:そうあわてるなよ。
ブ:持ってって。
グ:そこに置いといてくれない?ここには置く場所がないんだ。
ブ:ダメよ。もってって。
ブ:わかったの?
グ:僕が間違っていた。
グ:もういちどやりなおさないか?
ブ:もうほかに付き合ってる人がいるの。
グ:僕のものは?
ブ:もう何か月もたってるのよ。捨てたわ。
グ:ビッチ
グ:なんでそんなことするんだよ。
グ:お前なんかキライだ。
グ:ばかやろう。
グ:ごめんなさい。許して。
ブ:あなたはもうブロックよ。専門家に相談して。

"イギリス離脱説明"

 

 ”気にしないで。EUのような人を見つけるわ”

”その気持ちわかるよ”

 

 ”ヨーロッパの未来”

 

 

 

"需要急増により、アイルランドパスポート申請書を現在切らしております。
6月28日の火曜日の需要に答えられるよう急ぎで注文しております。
ご不便をおかけして申し訳ありません。"

"ベルファスト(北アイルランドの首都)の郵便局のお知らせ"

 

 

 "イギリス難民 ようこそ"(スペイン)

”スペインいいね”

 

 

”イギリス離脱”

 

"今日のムード"

 

 "クロワッサンにサヨナラ。おいしいクロワッサン。これからは(おいしくない)クランペットだけだ。"

 

 

"今ほど魔法を望んだことはない"  - ハリポッターシリーズのJKローリング

 

"我々はイギリス国民の選択を尊重する。最初にすべきことはこのこおで引き起こされる経済的不確実性がアメリカ国民に打撃を与えないようにすることだ。そしてイギリスとヨーロッパとの変わらぬ協力関係を明確にすることだ。"   - ヒラリー・クリントン

 

"スコットランドについた。選挙の影響ですごいことになってる。彼らが自国を取り戻したのだ。ちょうど我々がアメリカをこれからとりもどすように。本気だぞ。"  -  ドナルド・トランプ

 

 

”自由の勝利だ!私が長年訴えてきたように、今こそフランスでそしてEU各国で同じ国民投票が必要だ”  - フランス・ルペン仏国民戦線リーダー

 

欧州委員会

”イギリス政府は、できるだけはやくこの決定を実行して欲しい。痛みを伴うであろうが。遅延はいらぬ不確実性が増すだけである”

”イギリスがこれからもEUの良きパートナーであることを祈る”

  

フランス・オランド大統領

”これは痛みを伴う選択であり、イギリスにとってもヨーロッパにとっても実に残念である。しかしイギリス国民の選択であり、それを尊重する。すべての成り行きを受け入れる”

”イギリスの投票はヨーロッパにとって厳しい試練である”

 

ドイツ・メルケル首相

”イギリス国民の決断は残念だ。ヨーロッパとヨーロッパの統一にとって打撃であることはまちがいない

 

アメリカ・オバマ大統領

”イギリス国民が下した決定を尊重する。アメリカとイギリスの特別な関係は持続し、イギリスがNATOの一員であることがアメリカにとっては重要だ”

”アメリカとEUの関係も同じように重要である”

”イギリスとEUは、これからもアメリカにとってかけがえのないパートナーであることに変わりはない”

 

アイルランド・ケニー首相
”イギリスのEU離脱の決断はとても残念であるが、イギリス国民の決断を尊重する。アイルランドはもちろんEUの一員であり続ける”


フランス・ヴァルス首相

大変なショックだ。EUの危機だ。今こそ新しいヨーロッパを創設するときだ”


ロシア・プーチン大統領

イギリスのキャメロン首相は、イギリス脱退でロシアが得すると言ってたけど根拠がない。世論を動かそうとしただけだ。
結局自分の首を絞めただけではないか。そして今でもロシアについてとやかく言われる筋合いはない。全く低次元の政治だと証明されたな。

 

 

感想

個人的に好きなのは、JKローリングさんの魔法が必要コメントかな(笑)

Googleによると、国民投票の結果が出た後に、イギリスからは、「EU」「ポンド」「アイルランドのパスポートの取り方」という検索が多くなったという。

「EU離脱の意味は?」がいちばん多く、次に「EUって何?」だったそうで、イギリス国民はEUが何かわからないで投票したわけ?みたいなコメントがあった。

イギリス人がなぜ離脱を選んだのかについていろいろ報道されているが、EUなんてどうでもよくて、今がとにかく不満だから今と変わることを選んだという人が多かったのだろうか。

また、イギリスがEUを抜けると自由にヨーロッパに行けなくなることから、アイルランドのパスポートを取ろうと考える人が増えたらしい。

イギリスパスポートの価値が地に落ちる、というニュースも流れた。

それから、「イギリスはEU離脱か否か?」という検索も結果が報道された何時間も後にも多くあり、「キャメロンの後は誰?」も多かったそうである。

今は移民に困惑しているイギリスだが、数年後には難民として他国に申請するイギリス人が出てくるなんてこともあるのかもしれない。

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

 

sponsored link