うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

ウィンブルドン2016ジョコビッチ3回戦敗退の海外の反応とオッズ!錦織優勝のチャンスは

テニスのウィンブルドン2016で、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手が、まさかの3回戦敗退。

ウィンブルドン公式サイトで、「スポーツに確実はない」(There are no certainties in sport)と、ガーディアン紙では「近年で最大のショック」と報じられた、ジョコビッチ選手の敗退は、イギリスEU離脱派勝利に次ぐ、イギリス発の衝撃ニュースとなって世界を駆け巡った。

海外の反応を集めてみた。

 

sponsored link

 

 


ジョコビッチ ウィンブルドン敗退 海外の反応

 

”ジョコビッチびっくり。   みんなもびっくり!  なんて日なんだ...” - BBCテニス

 

”サム・クエリおめでとう! ウィンブルドンで、サム・クエリは、雨での遅延や暗闇や人々の世界No.1勝利の確信に打ち勝った”

 

”状況  (ジョコビッチは)ウィンブルドンこれまで17試合連続勝利、グランドスラム31試合連続勝利、この5回中3回ウィンブルドン優勝、グランドスラム5連続優勝がかかっていた”

 

”トーナメントに波乱!  サム・クエリなのかスラムクエリなのか”

 

”サム・クエリのコーチ、クレイグ・ボイントンのジョコビッチ戦後のコメント’目の見えないリスでもとナッツを見つけることはある(運が良い))’”

 

”ナダルとフェデラーがウィンブルドンでジョコビッチがクエリに負けたと知った時。”

 

”でかいサムじゃどころじゃない。どでかいサムだ。”

 

”サム最高” ‐ジョン・イスナー

 

”BBCスポーツ -サム・クエリのノバク・ジョコビッチ戦勝利は、スポーツのショックリストに載った新たな1項目”

 

”ジョコビッチ放り出される”

 

”ノバクジョコビッチだっていつでも勝てるわけじゃない。人間だもの!職場でいい日じゃなかったなってだけ...すぐ戻ってくる”


ジョコビッチ選手の敗退、というだけで衝撃で、最初はほとんどが「ジョコビッチ負けた、驚きだ」といったものだ。
その後、新聞などが、なぜジョコビッチが負けたのか、とかなぜクエリ選手が勝てたのかという分析を報じている。

今はほぼジョコビッチは100%じゃなかったとかカレンダースラムを獲得してモチベーションが下がってた、などジョコビッチ選手に焦点が当たっているが、このあとはクエリ選手の優れていた点についても分析されることだろう。

勝った選手は、サム・クエリ選手であるのに、Twitterなどではジョコビッチタグのほうがダンゼン多いのはさすがだ。

 

このジョコビッチ衝撃を成し遂げたクエリ選手は、世界ランキング41位で、今回のウィンブルドンでは第20シードの陽気なアメリカ人。

 

 

クエリ選手は、1987年サンフランシスコ生まれの28歳。現在はサンタモニカに居住。
身長が198センチととても大きい。
それもあって先ほどの「でかいサム」(Bigg Sam)ということでもある。
現在世界ランキング41位ということだが、自己最高は17位で、強い選手であることは間違いない。

さて、ダントツの優勝候補であったジョコビッチ選手が負けたことで、これで自分のひいきの選手が優勝できると喜ぶファンも多くいた。

 

”ジョコビッチが負けたとなると優勝はフェデラーかな”

 

ウィンブルドンと言えば、フェデラー選手というイメージも強く、”優勝はフェデラーか”というつぶやきも多かったのだが、決勝はジョコビッチ対マレーという大方の予想があったため、マレーファンはもちろん多くのイギリス人が、”これで悲願のマレー優勝だ”とつぶやいている。

そして、われらが錦織選手にもチャンスが回ってきたというものだ。

錦織選手は、順当に勝ち進めば、準々決勝でフェデラー選手と、準決勝でジョコビッチ選手とあたるブロックに入っている。

というわけで、オッズのほうはどうかわったであろう。


ウィンブルドン2016 ジョコビッチ敗退後のオッズ

f:id:uwanosorajikenbo:20160703174404p:plain


出典:http://www.oddschecker.com/tennis/wimbledon/mens/winner

 

マレー 1.9
フェデラー 3
ラオニッチ 7
キリオス 12
デルポトロ 22
錦織 33
ベルディハ 40
チリッチ 33
クエリ 40


うーん、錦織選手いまいち人気がない。


第1シードのジョコビッチ選手とと第4シードのワウリンカ選手が抜けたわけであるが、
マレー、フェデラー、ラオニッチ、キリオスの人気は変わらず。

 

ウィンブルドン開始前のオッズ

 

ウィンブルドン前と比べると、ワウリンカ選手を破ったデルポトロ選手が人気になっている。

そしてもちろん、前は圏外だったクエリ選手が9番人気につけている。
いや、たいていのブックメーカーでベルディハ選手と同じ倍率であるから、8番人気といっていいだろう。

では、きょうまでの、トーナメント表はどうなっているか、チェックしてみよう。


7/3男子シングルストーナメント表アップデート

男子シングルス、公式サイトのドロートーナメント表はこちら

f:id:uwanosorajikenbo:20160703174906p:plain


出典:http://www.wimbledon.com/en_GB/scores/draws/ms/msdraw.pdf

 

人気のオッズの選手に赤い印をつけた。

ベルディハ、デルポトロ、キリオスの3選手はまだ3回戦を終えていない。

錦織選手のブロックが激選区だ。

錦織選手は大会前、「まずはベスト8」と言っていた。ベスト8の時点でフェデラー選手との対戦である。

 

雨と波乱のウィンブルドン2016。どんな展開が待っているのだろう。

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

 

 

sponsored link