読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

【リオ五輪テニス】シード選手一覧!女子はシングルスもダブルスもセリーナ・ウィリアムズが1位

テニス リオ五輪

リオ五輪テニスのシード選手が発表された。
錦織圭選手は、男子シングルスで第4シード。

第3シードのナダル選手は、ダブルスでも第6シードである。

女子はセリーナ・ウィリアムズ選手が第1シードで、ダブルスでは姉のビーナス・ウィリアム選手とペアで第1シードである。

シード選手を一覧にした。

 

sponsored link

 

 

リオ五輪 男子シングルス シード選手

f:id:uwanosorajikenbo:20160804203500p:plain

 

シード順位、国、選手名、そして最後の数字は8月1日付の世界ランキングである。

錦織圭選手は、世界ランキング6位であるが、フェデラー選手とワウリンカ選手が欠場しているため、第4シードとなった。

フランス代表選手は、4名全員がシード選手である。

前回2012年の金メダルはマレー選手。

 

リオ五輪 女子シングルス シード選手

f:id:uwanosorajikenbo:20160804203903p:plain

 

女子はアメリカの選手が3人で一番多い。

女子は上位ランクの欠場選手が少なく、5名である。

前回2012年の金メダルはセリーナ・ウィリアムズ選手。

 

リオ五輪 男子ダブルス シード選手

f:id:uwanosorajikenbo:20160804204254p:plain

 

オリンピックは国対抗であるので、日ごろはなかなか見られないダブルスのペアが登場して楽しみの一つである。

マレー選手は兄のジェイミー・マレー選手とダブルスを組む。

ナダル選手はロペス選手と組んで道場。

モンフィス選手とツォンガ選手のペアやフェレール選手とバウティスタアグ選手のペアも見どころである。

前回2012年の金メダルはイギリスのブライアン兄弟組。今回は欠場。

 

リオ五輪 女子ダブルス シード選手

f:id:uwanosorajikenbo:20160804204657p:plain

 

女子のダブルスには、ダブルスの世界ランキング1位である、スイスのマルティナ・ヒンギス選手が第5シードで出場。当初ペアを組む予定であったベンチッチ選手は欠場となりバクシンスキ選手とペアを組む。

ヒンギス選手は混合ダブルスでフェデラー選手とペアを組む予定であったがこちらも幻となった。

前回2012年の金メダルはウィリアムズ姉妹。

 

リオ五輪 混合ダブルス シード選手

混合ダブルスは、まだ発表されていない。

発表後に追記予定。

 

sponsored link

 

 

まとめ

リオ五輪テニス競技のシード選手が発表され、日本からは唯一錦織圭選手が男子シングルスの第4シードである。

シード選手は8月1日の世界ランキングをもとに発表された。

ITFによるシード選手のリストはこちらのリンク

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com