読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

iPhone7ジェットブラックの傷つきやすさや耐水防水性能検証動画!ケースはいるか

iPhone7の新色、ジェットブラックがダントツ人気となっているが、あまりに傷つきやすく、Appleが保護ケース装着を推奨している。

また、耐水防水機能が売りになっているが、その性能はどこまであるのか。

それらを新品のiPhoneで検証実験した動画がユーチューブなどにたくさんアップされている。その試聴回数が示す通り、性能が確認できてとてもありがたい。

動画はたくさんあるのだがいくつかピックアップしてみた。英語のビデオであるが、見るだけでわかる動画である。

 

f:id:uwanosorajikenbo:20160918172119p:plain

iPhone 7 - Apple

 

sponsored link

 

 

 

Cnet

Cnetでは、ジェットブラックモデルとiPhone6sPlusのシルバーモデルで傷つきやすさの比較実験をしている。
比較しているのでとてもわかりやすい。

結果は

■デニム生地に擦れた場合。
シルバーもジェットブラックも問題ない。

■机でこする。
ジェットブラックは傷つく。シルバーは気にならない。

■バッグの中のようにいろいろ袋に入れて袋を振ってみる。
ジェットブラックは傷つく。シルバーは気にならない。

■紙やすりでこする。
どちらも傷つくが、シルバーは一定の角度からしか傷が見えない。ジェットブラックは明かな傷に見える。

■鍵
どちらも傷つく。布で拭くとシルバーは傷が目立たなくなるがジェットブラックは目立ったまま。

 

動画はこちら

http://www.cnet.com/au/news/the-iphone-7-gets-a-scratch-test/

 

EverythingApplePro

YouTubeのこちらのチャンネルでは、いろいろなiPhoneの実験をしているのだが、耐水防水の動画がすごい。

水に沈めたものは全然大丈夫で、圧力をかけても大丈夫。35分、水の中に入れても問題ない。ただし水から出た後にすぐに充電してはいけない。
さらにはカメラをオンにしていっしょに川に飛び込んでも大丈夫。なんのダメージもない。
防水の性能はかなりすごいことがわかる。

 

 

同じチャンネルの他のビデオではどのくらいの深さまで耐えられるかの実験もしていて、10mまで沈めて、電話機の中に水が入っているのが見えるのだがそれでも、まだ機能していた。いっしょに沈めた防水のサムサンのほうは壊れてしまっている。


TechRax

こちらではジェットブラックではなくマットブラックで水と温度の検証をしている。
グラグラに煮えているお湯の中に音楽をプレイ状態にしてiPhone7を沈める。
まもなくスクリーンは消えてしまうのだが、iPhone7自体は壊れなかった。
温度が高いと機能停止まるようになっているらしく、「クールダウンしてください」の表示が出る。

 

 

TechRaxのチャンネルのコカ・コーラの中でiPhoneを凍らせる実験では、カメラ機能には問題ないがサウンドの機能が劣化していた。
他にもiPhoneの実験動画が多数ある。

 

sponsored link

 

 

まとめ

アップルの新製品iPhone7の性能実験をしている動画によると、iPhone7の耐水防水性能は相当なものである。

人気のジェットブラックはとても傷つきやすいのは事実で、ピカピカでスムーズな分、小さな傷でもとても目立つ。

iPhone7は熱にさらされると自動でストップし、冷えると復帰する。

 

美しいフィニッシュの魅力でジェットブラックを購入した場合は、傷はなかなか受け入れ難い。たとえ小さな傷であっても。アップルはジェットブラックにケースを推奨しているわけであるが、ケースを付けるとジェットブラックの魅力が縮小してしまうような気がする。せめて透明ならこのようなケースであろうか。


 

 

写真ではよくわからないが、どうだろう。ケース付けるとせっかくの手触りとかスムースな光沢とかがなくなってしまうような・・・。傷とどっちをとるか。

それでもこの色を売り出したのはなぜなんだろうApple。