うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

東レパンパシフィック2016優勝賞金とポイントについて!プレミアカテゴリーとは【テニス】

東レパンパシフィック2016が、東京・有明で開催されている。東レパンパシフィックテニス大会は、「プレミア」にカテゴリー分けされる国際女子プロテニス大会である。

東レパンパシフィック2016の賞金やポイントについて調査した。

f:id:uwanosorajikenbo:20160919002835p:plain

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

 

sponsored link

 

 


プレミアカテゴリーとは

東レパンパシフィック2016は、女子のプロテニス協会WTAのツアーで「プレミア」というカテゴリーのテニス大会である。

WTAでは女子テニスの国際大会をそのランクによってカテゴリー分けしている。大会カテゴリーやランクによって選手個人のランキングを決定するポイントが決まっている。

大会カテゴリーを大きく分けると3つ。

  1. グランドスラム
  2. WTAファイナルズとWTAエリートトロフィー
  3. WTAトーナメント

そして、3つ目のWTAトーナメントには、次の5つのカテゴリーがある。

  1. プレミアマンダトリー 
  2. プレミア5
  3. プレミア700 (プレミア)
  4. インターナショナル
  5. WTA125Kシリーズ

東レパンパシフィック2016は、この中のプレミア700に属する大会で、たいていの場合ただ「プレミア」と表されている。
「プレミア」とついているカテゴリーが3つあり、プレミアトーナメントの中のプレミアということもある。
先に書いてある方がランクが上で賞金やポイントも高くなる。

プレミア5とプレミア700は入れ替わる。東レパンパシフィックがプレミア700となったのは2014年から。

詳しくはこちら


東レパンパシフィック2016賞金総額

東レパンパシフィックは日本で行われるが、賞金は米ドル建てとなっている。

100万ドル(約1億円)

この額は2014年より変更なし。

東レパンパシフィック2016優勝賞金

シングルス

193,850ドル(約2000万円)

ダブルス

45,940ドル(約460万円)

 

細かいけれどシングルスの優勝賞金は、実は昨年2015年よりも少ない。昨年は195,092ドルであった。2014年には196,670であった。準決勝以下の賞金は少し増えているので配分が変わったということになる。

東レパンパシフィック2016賞金一覧

シングルス

  • 優勝 193,850ドル
  • 準優勝 103,504
  • 準決勝 55,287
  • 準々決勝 22,518
  • 2回戦 12,077
  • 1回戦 7,662
  • 予選3回戦 3,442
  • 予選2回戦 1,830
  • 予選1回戦 1,018

ダブルス

  • 優勝 45,940ドル
  • 準優勝 24,54
  • 準決勝 13,414
  • 準々決勝 6,822
  • 1回戦 3,705


東レパンパシフィック2016ポイント

シングルス

  • 優勝 470ポイント
  • 準優勝 305
  • 準決勝 185
  • 準々決勝 100
  • 2回戦 55
  • 1回戦 1
  • 予選勝者 25
  • 予選3回戦 18
  • 予選2回戦 3
  • 予選1回戦 1

ダブルス

  • 優勝 470ポイント
  • 準優勝 305
  • 準決勝 185
  • 準々決勝 100
  • 1回戦 1

 

sponsored link

 

 

まとめ

東レパンパシフィック2016の優勝賞金は、シングルスで約2000万円、ダブルスで460万円である。

獲得ポイントは優勝でシングルスもダブルスも470ポイント。1回戦に出場すると1ポイント。

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com