読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

オーストラリア戦の審判は誰?【アジア最終予選】ロシアW杯

サッカーの2018年ロシアW杯アジア最終予選、2016年10月11日には、日本xオーストラリア戦が行われる。サッカーの試合では何かと審判が話題となる。
オーストラリア戦の主審や審判は誰なのか調べた。


 

 

sponsored link

 

 


オーストラリア戦の審判は誰?

※10/11追記

日本vsオーストラリア戦の審判はバーレーンの審判団。

主審  ナワフ・シュクララNawaf SHUKRALLA

副審1 Yaser TULEFAT

副審2 Ebrahim SALEH

第4審判 Ammar MAHFOODH

f:id:uwanosorajikenbo:20161011172441p:plainhttp://www.fifa.com/worldcup/matches/round=275175/match=300356009/index.html#nosticky

(追記ここまで)

10/11の日本vsオーストラリアの主審は

ナワフ・シュクララ Nawaf Shukralla

1976年バーレーン生まれの39歳男性。2014年ブラジルワールドカップの審判を務めた。

お顔はこちら。

”バーレーンのナワフ・シュクララがガーナのワールドカップグループ最終戦、ポルトガル戦を扱うことになった”

FIFAの審判紹介動画のリンクはこちら。(英語)

 

バーレーンはペルシャ湾に浮かぶ島々からなる王国で場所はここ。

 

f:id:uwanosorajikenbo:20161009153007p:plain

Google マップ

 

 

公用語はアラビア語で首都はマナーマである。

ナワフ・シュクララ主審の副審は

最も最近主審を務めた試合は、ACLの全北現代モータースvsFCソウル戦で、副審は、

  • Yaser Tulefat氏
  • Ebrahim Saleh氏

第4審判は、Ammar Ebrahim Mahfoodh氏。

であった。

また、5月にはオーストラリアのシドニーFCvs広州恒大の主審を担当。審判員の構成は上に同じである。

他に今年はサンフレッチェ広島のACLの試合2試合を担当している。どちらの試合も同じ審判員で、副審は、

  • Yaser Tulefat氏
  • Mohamed Jaafar Mohamed氏

第4審判は、Ammar Ebrahim Mahfoodh氏。

 

■ナワフ・シュクララ氏は、2015年にACL準決勝ガンバ大阪vs広州恒大の試合で主審を務めている。そのときの副審は、

  • Ebrahim Saleh氏
  • Nawaf Shaheen氏

第4審判は、Jameel Juma Abdulhusain Mohamed氏であった。

 

ロシアW杯予選では、3月にUAEvsサウジアラビア戦の主審を担当している。そのときの副審は、

  • Yaser Tulefat氏
  • Mohamed Jaafar Mohamed Salman氏

昨年11月の香港vs中国戦の副審は、

  • Yaser Tulefat氏
  • Ebrahim Saleh氏

昨年10月のベトナムvsタイ戦での副審は、

  • Ebrahim Saleh氏
  • Nawaf Shaheen氏

 

■2014年ブラジルW杯での副審は、

  • Yaser Tulefat氏
  • Ebrahim Saleh氏

ブラジルW杯では、オーストラリアvsスペイン戦の主審も担当している。

 

■日本代表戦の主審を2011年に担当している。ピョンヤンで行われた日本vs北朝鮮戦。とのときの副審は、

  • Yaser Tulefat氏
  • Ebrahim Saleh氏

であった。

 

※10/11追記

日本vsオーストラリア戦の副審を務めるのは、

副審1 Yaser Tulefat氏

副審2 Ebrahim Saleh氏

 

 

sponsored link

 

 

ナワフ・シュクララ主審の試合結果は

日本代表戦、オーストラリア代表戦のどちらも担当したことのあるナワフ・シュクララ氏であるが、そのときの試合内容を確認してみたい。

日本vs北朝鮮(2011年)

試合結果:日本 0-1 北朝鮮

イエローカード:6(日本1、北朝鮮5)

レッドカード:1(北朝鮮)

オーストラリアvsスペイン(2014年)

試合結果:オーストラリア 0-3 スペイン

イエローカード:3(オーストラリア2、スペイン1)

レッドカード:0

 

ナワフ・シュクララ氏担当の試合では、日本代表もオーストラリア代表も負けているとは。

まとめ

2016/10/11のサッカー日本代表オーストラリア戦の主審は、ナワフ・シュクララ氏となっている。副審はシュクララ氏と同じバーレーンの審判員の見込みである。

評判では日本にとって特に問題のない審判員ということである。

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com