うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

ATPツアーファイナル2016ポイントと賞金について【テニス】

ATPワールドツアーファイナルは、世界最高のテニス選手がプレーする世界最大の室内テニスイベントである。公式発表によると、観客動員数は26万人以上である。

そんなツアーファイナルの2016年の賞金とポイントについて調査した。

また今回3回目の出場となる錦織圭選手であるが、これまでのツアーファイナルでの成績を調べた。

f:id:uwanosorajikenbo:20161015132709p:plain

http://www.barclaysatpworldtourfinals.com/

 

sponsored link

 

 


ATPツアーファイナル 大会グレード

男子プロテニス協会であるATPは、男子プロテニスプレーヤーたちの権利を守るために設立され、世界中の男子プロテニスの大会を組織している。2001年からは、世界ツアーの名称を「ATPツアー」とし、現在のテニスツアーのしくみとなっている。
この仕組みに基づいて、男子の世界ランキングも発表されている。

ATPツアーでは、テニスの世界大会を以下のように分類している。この分類を大会グレードとか大会カテゴリと呼ぶ。

 

f:id:uwanosorajikenbo:20161015132203p:plain

ワールドツアーの仕組み|基礎知識|TENNIS DAILY

 

図では「ATPワールドツアー・ファイナルズ」となっているが、これである。

ATPのサイトによると、2016年のツアーファイナルの英語での名称は、「BARCLAYS ATP WORLD TOUR FINALS」である。BARCLAYSはスポンサー名で、日本でもバークレイズと呼ぶロンドンに本拠がある国際金融グループである。

この長い名称の一部を取って、ツアーファイナルやATPファイナルやファイナルズなどと呼ばれる。

大会グレードは、グランドスラムの下でマスターズの上になり、このレベルの大会は、このツアーファイナルひとつだけである。


ATPツアーファイナル2016のポイント

ATPツアーファイナル2016のポイントは最高で1500ポイント。
ポイントの一覧は以下の通り。ポイントは、シングルス、ダブルス共通である。

 ラウンドロビン1勝 200ポイント
 準決勝勝利 400ポイント
 決勝勝利 500ポイント
 全勝優勝 1500ポイント

ラウンドロビンは4人のグループの総当たり戦なので、全員つまり3人に勝つと600ポイントとなり、それに、ノックアウト方式となる準決勝以降のポイントを合わせると1500ポイントとなる。

他のグレードの大会と優勝のポイント数を比べると、上位大会のグランドスラムでは2000ポイント、すぐ下のマスターズ1000の大会では1000ポイントである。ツアーファイナル以外はすべてノックアウト方式であるから、他大会の優勝者は全員全勝優勝である。

ATPツアーファイナル2016の賞金

ATPツアーファイナル2016の賞金総額は、750万ドル(約7億8千万円)。※レートは10/15のもので1ドル104.2円

ATPツアーファイナル2016の優勝賞金は、シングルス全勝優勝が最高額で、
$2,391,000(約2億5千万円)

ダブルスの全勝優勝は、
$455,000(約4700万円)

どちらも、全勝でない場合には、金額が減る。また、賞金は、試合に勝利した場合のほかに出場料があり、補欠選手にもポイントはないが賞金が出る。

シングルス賞金一覧

 補欠 $100,000
 出場料 $179,000
 ラウンドロビン1勝 $179,000
 準決勝勝利 $545,000
 決勝勝利 $1,130,000
 全勝優勝 $2,391,000

ダブルス賞金一覧

 補欠 $34,000
 出場料 $88,000
 ラウドロビン1勝 $34,000
 準決勝勝利 $89,000
 決勝勝利 $176,000
 全勝優勝 $455,000

引用元:barclaysatpworldtourfinals.com/

 

ラウンドロビンでは、1勝ごとに賞金が加算される。

よって優勝賞金もそれによって変わるのであるが、ラウンドロビンを勝ち抜けるには2勝は必要であるから、1勝分の金額が変わることになる。

 

sponsored link

 

 

錦織圭ツアーファイナルこれまでの成績

錦織選手は、これまで2014年と2015年の2回ATPツアーファイナルに出場し、2016年は3回目となる。

2014年の成績

準決勝出場

錦織選手は5位でツアーファイナル出場を決めたが、3位であったナダル選手が欠場となり4位で参加することとなった。
ラウンドロビンでは、フェデラー選手、マレー選手、ラオニッチ選手と同じグループとなり、マレー選手とラオニッチ選手に勝利、フェデラー選手に敗れたが、グループ第2位で準決勝に出場。
準決勝ではジョコビッチ選手に敗退し、錦織選手の獲得ポイント数は400であった。

2015年の成績

ラウンドロビン敗退

2015年、錦織選手はぎりぎり8位で出場を決めた。
ラウンドロビンでは、ジョコビッチ選手、フェデラー選手、ベルディハ選手と同じグループとなり、ベルディハ選手には勝利、ジョコビッチ選手とフェデラー選手には敗退し、準決勝進出はならなかった。
錦織選手は、1勝のみであったので、獲得ポイント数は200であった。

 

これまでのツアーファイナルの成績をまとめると、3勝4敗。

まとめ

男子プロテニス大会の年間最終戦となるATPツアーファイナル、2016年のポイントは最高で1500ポイント、賞金は約2億5千万円である。

錦織選手は今回が3回目の出場で、これまでの成績は3勝4敗。

ATPツアーファイナル2016は11/13-20にロンドンで開催される。

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com