読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

ブリーダーズカップフィリー&メアターフ2016の結果!

日本時間早朝のフィリー&メアターフ2016、ヌーヴォレコルトは13頭中11着という結果だった。

1着はクイーンズトラスト、本命レディイーライとセブンスヘブンはそれぞれ2着と4着という結果となった。

今年もイギリス馬の優勝、オブライエン調教のアイルランド馬セブンスヘブンは勝てなかった。

f:id:uwanosorajikenbo:20161106065802p:plainhttp://www.breederscup.com/results/2016/filly-mare-turf

 

sponsored link

 

ブリーダーズカップフィリー&メアターフ2016の結果

f:id:uwanosorajikenbo:20161106064501p:plainhttp://www.jra.go.jp/keiba/overseas/race/2016bc/kaiko.html

  1. 11クイーンズトラスト
  2. 8レディイーライ
  3. 4アベンジ
  4. 3セブンスヘブン
  5. 6ジペッサ
  6. 9ライアンズチャーム
  7. 1シーカリシ
  8. 2キャッチアグリンプス
  9. 5アリズギャル
  10. 7センティエロイタリア
  11. 13ヌーヴォレコルト
  12. 10キットキャット
  13. 12プリティパーフェクト

 クイーンズトラストのゲート番は11。サンタアニタ競馬場のフィリー&メアターフでは11番から勝った馬は初めてである。

それにしてもこの僅差。レディイーライもほとんど1着。

 

sponsored link

 

 

クイーンズトラストの調教師、 サー・マイケル・スタウト氏。

 

騎手のデットーリ氏。 

 

デットーリ氏は、ブリーダーズカップの優勝は12回目。フィリー&メアターフでは2006年に次ぎ2回目である。

レース後にデットーリ騎手は、”クイーンズトラストはこれまでちょっとついてなかったけれど、きょうはほんとにカンペキだった”と語った。

スタウト氏も同じように、”今年クイーンズトラストはちょっとついていなかった。きょうの成功を神に感謝しなければ”とこんかいやっと本領が発揮できたという心証を語った。

現在オッズチェッカーに載っているグラフが以下の画像。

クイーンズトラストは単勝では3番人気くらいであったが、投票全体での人気度は伸びて、最終的には1番であったようである。

f:id:uwanosorajikenbo:20161106080738p:plainhttp://www.oddschecker.com/horse-racing/santa-anita/19:43

 

日本では、5番人気で単勝840円の配当であった。一番上にある画像がブリーダーズカップ公式サイトの配当であるが、単勝18ドル(約1800円)、複勝で8.4ドル(約840円)。日本より高額である。

ところで私はレディイーライを単勝で投票。ザンネン、ハナ差(笑)

予想は、シカゴナウchicagonowのNeulist氏のものが近かった。アベンジ入ってなかったけど。

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com