読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

フィギュア・グランプリファイナル2016の結果!羽生や宮原の滑走順や日本選手の順位は【フィギュアスケート】

フランスのマルセイユでフィギュアスケートのグランプリファイナル2016が開催されている。日本とマルセイユは時差が8時間でテレビの生中継がない。気になる日本選手たちをはじめ世界最高のフィギュアスケート選手たちはどのような点数を出しているか。

結果を追記していきたい。

更新2016/12/11

f:id:uwanosorajikenbo:20161209190837p:plain

FFSG | Fédération Française des Sports de Glace

 

sponsored link

 

 

グランプリファイナル2016 3日目結果

グランプリファイナル2016、3日目は5種目のフリーが行われた。日本選手は、羽生結弦選手は金メダル、宇野昌磨選手は銅メダル、宮原知子選手は銀メダルに輝いた。

シニア男子 最終結果

  1. 羽生結弦(日本) 293.90(S106.53, F187.37)
  2. ネイサン・チェン(米) 282.85(85.30, 197.55)
  3. 宇野昌磨(日本) 282.51(86.82, 195.69)
  4. ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 268.77(91.76, 177.01)
  5. パトリック・チャン(カナダ) 266.75(99.76, 166.99)
  6. アダム・リッポン(米) 233.10(89.93,149.17)

羽生結弦選手が史上初の4連覇を達成。羽生選手はフリーでは4回転サルコーで転倒したりして得点を伸ばせず、187.37で3位であったがショートで大きな差がついていた。

宇野昌磨選手はフリーで自己ベストの195.69で羽生選手より高得点。銅メダルに輝いた。

フリーで1位だったのはアメリカのネイサン・チェン選手で自己ベスト282.85で銀メダルを獲得した。

シニア男子フリーの得点

f:id:uwanosorajikenbo:20161211091941p:plainhttp://www.isuresults.com/

シニア女子 最終結果

  1. エフゲニア・メドベデワ(露) 227.66(S79.21, F148.45)
  2. 宮原知子(日本) 218.33(74.64, 143.69)
  3. アンナ・パゴリヤラ(露) 216.47(73.29,143.18)
  4. ケイトリン・オズモンド(カナダ) 212.45(75.54,136.91)
  5. マリア・ソツコワ(露) 198.79(65.74,133.05)
  6. エレナ・ラジオノワ(露) 188.81(68.98,119.83)

ショートで3位であった宮原知子選手は、フリーで自己ベスト143.69を獲得し2位につけ、総合でも銀メダルに輝いた。2大会連続の銀である。金メダルはショート、フリー共に1位であったロシアのメドベデワ選手。メドベデワ選手も2連覇。

シニア女子フリーの得点

f:id:uwanosorajikenbo:20161211092201p:plainhttp://www.isuresults.com/

 

シニア アイスダンス最終結果

  1. バーチュ&モワー(カナダ) 197.22
  2. パパダキス&シゼロン(仏) 192.81
  3. シブタニ&シブタニ 189.60
  4. ボブロワ&ソロビエフ(露) 181.95
  5. ハベル&ダナヒュー(米) 179.59
  6. チョック&ベイツ(米) 179.32

ジュニア男子最終結果

  1. ドミトリー・アリエフ(露) 240.07
  2. アレクサンダー・サマリン(露) 236.52
  3. チャ・ジュンファン(韓) 225.55
  4. ロマン・サボシン(露) 212.39
  5. アレクセイ・クラスノジョン(米) 208.85
  6. イリヤ・スキルダ(露) 207.11

ジュニアペア最終結果

  1. ミシナ&ミルゾエフ(露) 180.63
  2. ドゥシュコヴァー&ヴィダジュ(チェコ) 167.76
  3. ボイコワ&コズロフスキー(露) 159.72
  4. ウスティムキナ&ボロディン(露) 158.14 
  5. アレクサンドロスカヤ&ウィンザー(豪) 141.36 
  6. アタハノワ&スピリドノフ(露) 139.50

グランプリファイナル2016 2日目結果

シニア女子 ショート

  1. エフゲニア・メドベデワ(露) 79.21
  2. ケイトリン・オズモンド(カナダ) 75.54
  3. 宮原知子(日本) 74.64
  4. アンナ・パゴリヤラ(露) 73.29
  5. エレナ・ラジオノワ(露) 68.98
  6. マリア・ソツコワ(露) 65.74

宮原選手は3位につけた。

f:id:uwanosorajikenbo:20161210084406p:plainhttp://www.isuresults.com/

シニア女子フリーの滑走順は、

  1. ラジオノワ
  2. ソツコワ
  3. パゴリヤラ
  4. オズモンド
  5. 宮原
  6. メドベデワ

と決まった。

ジュニア女子 フリーと最終順位

ジュニア女子の最終結果は

  1. アリーナ・ザギトワ(露) 207.43(S 70.92、F 136.51)
  2. アナスタシャ・グバノワ(露) 194.07(60.30、133.77)
  3. 坂本花織(日本) 176.33(64.48、111.85)
  4. エリザベータ・ヌグマノワ(露) 175.16(58.34、111.74)
  5. 紀平梨花(日本) 170.08(54.78、120.38)

坂本選手は3位の銅メダル、紀平選手は5位となった。

フリーの結果は、

  1. アリーナ・ザギトワ(露) 136.51
  2. アナスタシャ・グバノワ(露) 133.77
  3. 紀平梨花(日本) 120.38
  4. 坂本花織(日本) 111.85
  5. エリザベータ・ヌグマノワ(露) 111.74

フリーでは紀平選手が3位であったが、坂本選手は3回転ジャンプで転倒するなどしてフリーは4位でショート3位であったグバノワ選手に銀メダルを譲った。ザギトワ選手は、ショート、フリー共に1位で金メダル。

シニアペア 最終結果

  1. タラソワ&モロゾフ(露) 213.85
  2. ユー&ジャン(中国) 206.71
  3. デュハメル&ラドフォード(カナダ) 205.99
  4. ザビヤコ&エンベルト(露) 188.32
  5. セガン&ビロドー(カナダ) 186.85
  6. ペン&ジン(中国) 183.19

シニアアイスダンス ショート

  1. バーチュ&モワー(カナダ) 80.50
  2. シブタニ&シブタニ 77.97
  3. パパダキス&シゼロン(仏) 77.86
  4. ボブロワ&ソロビエフ(露) 74.04
  5. ハベル&ダナヒュー(米) 72.47
  6. チョック&ベイツ(米) 70.87

ジュニアアイスダンス 最終結果

  1. パーソンズ&パーソンズ(米) 162.50
  2. ロボダ&ドロースト(露) 161.87
  3. マクナマラ&カーペンター(米) 153.47
  4. キャレイラ&ポノマレンコ(米) 149.98
  5. アバチキナ&トーロン(仏) 146.12
  6. シュピレワヤ&スミルノフ(露) 140.64

 

グランプリファイナル2016 1日目 結果

初日には、ショートプログラムが6種目行われた。

ジュニアのアイスダンス、男子、ペア、女子。

そしてシニアはペアと男子である。

日本選手が出場しているのはシニア男子とジュニア女子。そこから見ていく。

シニア男子 ショート

  1. 羽生結弦(日本) 106.53
  2. パトリック・チャン(カナダ) 99.76
  3. ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 91.76
  4. 宇野昌磨(日本) 86.82
  5. ネイサン・チェン(米) 85.30
  6. アダム・リッポン(米) 89.93

羽生選手が今季世界最高得点で第1位につけている。宇野選手は4位。

滑走順は、

  1. フェルナンデス
  2. チャン
  3. 宇野
  4. チェン
  5. リッポン
  6. 羽生

であった。3日目のフリーの滑走順はこちら。(この記事の下のほう)

ジュニア女子 ショート

  1. アリーナ・ザギトワ(露) 70.92
  2. 坂本花織(日本) 64.48
  3. アナスタシャ・グバノワ(露) 60.30
  4. エリザベータ・ヌグマノワ(露) 58.34
  5. 紀平梨花(日本) 54.78
  6. 本田真凛 棄権

本田選手がインフルエンザで棄権。補欠の繰り上がりはなく、5選手での試合となった。

滑走順

  1. 紀平梨花
  2. 坂本花織
  3. グバノワ
  4. ヌグマノワ
  5. ザギトワ

であった。

2日目のフリーの滑走順はこちら(この記事の下のほう)

シニアペア ショート

  1. タラソワ&モロゾフ(露) 78.60
  2. ユー&ジャン(中国) 75.34
  3. デュハメル&ラドフォード(カナダ) 71.44
  4. ペン&ジン(中国) 70.84
  5. ザビヤコ&エンベルト(露) 65.79
  6. セガン&ビロドー(カナダ) 60.86

ジュニア 男子 ショート

  1. ドミトリー・アリエフ(露) 81.37
  2. アレクサンダー・サマリン(露) 81.08
  3. ロマン・サボシン(露) 72.98
  4. チャ・ジュンファン(韓) 71.85
  5. アレクセイ・クラスノジョン(米) 71.48
  6. イリヤ・スキルダ(露) 68.31

ジュニア ペア ショート

  1. ミシナ&ミルゾエフ(露) 64.73
  2. ドゥシュコヴァー&ヴィダジュ(チェコ) 61.38
  3. ウスティムキナ&ボロディン(露) 59.05 
  4. ボイコワ&コズロフスキー(露) 58.75
  5. アレクサンドロスカヤ&ウィンザー(豪) 57.08 
  6. アタハノワ&スピリドノフ(露) 56.78

ジュニア アイスダンス ショート

  1. ロボダ&ドロースト(露) 67.58
  2. パーソンズ&パーソンズ(米) 66.91
  3. マクナマラ&カーペンター(米) 63.73
  4. キャレイラ&ポノマレンコ(米) 61.39
  5. アバチキナ&トーロン(仏) 60.08
  6. シュピレワヤ&スミルノフ(露) 52.29

引用元はFFSG | Fédération Française des Sports de Glace

 

sponsored link

 

 

グランプリファイナル2016 2日目の演目

ジュニアのアイスダンスと女子のフリー。シニアペアのフリー。

シニアのアイスダンスと女子はショートプログロムが行われる。

女子ショート 滑走順

女子ショートプログラムは宮原知子選手が1番に滑走予定。

  1. 宮原知子(日本)
  2. ケイトリン・オズモンド(カナダ)
  3. マリア・ソツコワ(露)
  4. アンナ・パゴリヤラ(露)
  5. エレナ・ラジオノワ(露)
  6. エフゲニア・メドベデワ(露)

  

ジュニア女子フリー 滑走順

  1. エリザベータ・ヌグマノワ(露)SP4位
  2. 紀平梨花(日本)5
  3. 坂本花織(日本)2
  4. アナスタシャ・グバノワ(露)3
  5. アリーナ・ザギトワ(露)1

グランプリファイナル2016 3日目の演目

フリープログラム5種目が行われ、ジュニアの男子とペア、シニアはアイスダンスと女子と男子。

シニア女子フリー滑走順

  1. エレナ・ラジオノワ(露) SP5位
  2. マリア・ソツコワ(露) 6
  3. アンナ・パゴリヤラ(露) 4
  4. ケイトリン・オズモンド(カナダ) 2
  5. 宮原知子(日本) 3
  6. エフゲニア・メドベデワ(露) 1

 

シニア男子フリー滑走順

  1. 宇野昌磨(日本)SP4位
  2. アダム・リッポン(米)6
  3. ネイサン・チェン(米)5
  4. 羽生結弦(日本)1
  5. ハビエル・フェルナンデス(スペイン)3
  6. パトリック・チャン(カナダ)2

 

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com