読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

おみくじで同じ番号が出た鶴岡八幡宮

今年はおみくじひきましたか?

私はひいていない。

というかあるときから怖くてひけなくなってしまった。

そのときのお話。

 

sponsored link

 

 

それはとある幸福なお正月のことだった。

冬日和の松の内、私は大好きな鎌倉へ出かけ、鶴岡八幡宮で初詣をした。

そのころの私は毎年おみくじをひくのを楽しみにしていて、鶴岡八幡宮でもおまいりをした後に階段の上でおみくじをひいた。

結果は末吉。

末吉がよいのかわるいのかよくわからなかったけれど、書いてあることはよくなかった。

待ち人来ず、とか、願いはかなわない、とか、病気になるとか、正確な文言は忘れたけれど、もしかしてこれって凶なんじゃないかと思うような否定的なことばかり書いてあった。

なんだか急に白けた気分になったが、それはおみくじ。おみくじを結び、気を取り直してお守りなどを選んだのだが、階段を降りて来たらまたおみくじが目に入ってしまった。

ので、邪道と思いつつもさっきのはなかったことにしてしまおうと、もう一度おみくじをひいた。

すると、さっきひいたのとまったく同じおみくじが出た。

末吉だけが一緒だったのではない。

書いてあることがすべて一緒の同じ番号のものであった。

これってこの運勢で今年は決まりなの?まだ365日もあるのに。

偶然とはいえショックでしたね。

大好きな鎌倉でこんな目にあうなんて。

いや、鶴岡八幡宮ってすごいのかも。神さまはお見通しなのかも。コエー(笑

というのは大げさだが、自分が意外と占いとかに振り回されるヤツなんだと感じ、以後はおみくじをひいていない。

後で調べると、鶴岡八幡宮は凶が多く出ることで有名で、その確率5分の1だという。凶ではなかったんだな、と思った。

それから、おみくじの種類は50パターンあるらしい。同じものが出る確率50分の1ということになるか。これって実はラッキーとか考えてみたが、やっぱりこれは気にしてるってことだな、それはめんどうくさい、と思い、おみくじはひいていない。

にしても、頑なにひかないっていうのもまた振り回されてるともいえる。

うーん、鶴岡八幡宮おそるべし(笑