うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

ブリスベン2017錦織vsワウリンカ準決勝!対戦成績や試合時間と放送【テニス】錦織は勝てるか

オーストラリアで行われているブリスベン国際2017の男子シングルス準々決勝で、錦織選手は地元オーストラリアのジョーダン・トンプソン選手を破り、準決勝に進出した。
準決勝の相手は、宿敵・ワウリンカ選手。

錦織選手はワウリンカ選手に勝って2017年最初の大会で決勝進出できるのか。

錦織選手とワウリンカ選手のこれまでの対戦成績について調べた。

また、試合時間や放送予定は?

※追記1/7 錦織選手勝利!!!おめとう!!!

スコアは、7-6、6-3。1時間41分48分。

決勝の相手はディミトロフ選手。

 

sponsored link

 

 

ブリスベン国際2017準決勝 錦織vワウリンカ試合時間

ブリスベン国際2017、錦織vsワウリンカの準決勝の試合予定時間は、

  • 1/7(土)午前11:30以降

メインコートのパットラフターアリーナ第2試合である。

時差1時間の現地時間では午後12:30以降となっている。以降なので正確にはわからない。第1試合次第。第1試合は男子ダブルス準決勝である。

f:id:uwanosorajikenbo:20170106173919p:plainhttp://www.brisbaneinternational.com.au/schedules

 

ブリスベン国際2017準決勝 錦織vワウリンカ放送予定

テレビ放送の予定は、

  • WOWOW 1/7 午前11:30から生放送

f:id:uwanosorajikenbo:20170106175108p:plainhttp://www.wowow.co.jp/detail/109953

 WOWOWへのお申し込みは以下からできます。

 

ライブスコアは公式サイトでも配信している。

ネット中継についてはこちらをご覧ください。

現地の放送を担当しているのはチャンネル7。こちらのサイトでも配信もしている。

ブリスベン国際2017男子シングルスここまでのおさらい

■錦織

錦織選手は、世界ランク第5位、第3シードでブリスベン国際2017に出場。

  • 1回戦 Bye
  • 2回戦 ドナルドソン(米105位Q)4-6 6-4 6-3
  • 準々決勝 トンプソン(豪79位WC)6-1 6-1

錦織選手は2回戦で予選を勝ち抜けてきたアメリカ次世代の星、ドナルドソン選手の思わぬ苦戦をする。

準々決勝では、ワイルドカードで本線入りした地元オーストラリアのトンプソン選手と戦い、1時間あまりでストレート勝ち。
錦織選手は、2回戦とは別人のように落ち着いていて、調子が上がってきているようである。

■ワウリンカ

ワウリンカ選手は、世界ランク4位、第2シードでブリスベン国際2017に出場。

  • 1回戦 Bye
  • 2回戦 トロイツキ(セルビア29位)7-6 6-3
  • 準々決勝 エドマンド(英45位)6-7 6-4 6-4

ワウリンカ選手は2回戦も淳儒決勝も第1セットは競って盛り上げた。イギリスのもうすぐ22歳となるエドマンド選手は善戦していたが、ワウリンカ選手の表情はちっともスイッチが入っていない。余裕でこなした2試合であったように見える。

もう一方の準々決勝は、

ラオニッチvsディミトロフである。錦織選手の準決勝の次に行われる予定。


錦織vsワウリンカ 対戦成績

錦織選手とワウリンカ選手のこれまでの対戦成績は、

  • 錦織 3 - 4 ワウリンカ

昨年2016年は3回対戦した。2016年の成績は

  • 錦織 2 - 1 ワウリンカ

最後の対戦は、11月のツアーファイナルラウンドロビンで、錦織選手が6-2 6-3のストレート勝ちをしている。

しかし2016年の錦織vsワウリンカ戦といえば、その前の全豪オープン準決勝である。準々決勝でビッグ4の壁マレー選手を破った錦織選手であったが、準決勝でワウリンカ選手に勝利を譲った。
この試合の時のワウリンカ選手は完全にオン状態。テディベアから空腹のグリズリーに変身していたw
こうなると手が付けられないのがワウリンカ選手。決勝ではパワーアップして当時敵なしといわれたジョコビッチ選手を破り、見事ビッグタイトルを獲得した。


錦織選手とワウリンカ選手の対戦歴は以下の通り。

f:id:uwanosorajikenbo:20170106173401p:plainhttp://www.atpworldtour.com/en/players/fedex-head-2-head/stan-wawrinka-vs-kei-nishikori/W367/N552

 

sponsored link

 

 


ワウリンカ プロフィール

スタン・ワウリンカ選手は、スイス・ローザンヌ生まれの31歳。

スイスといえば、長くテニス界のトップに君臨するフェデラー選手であるが、2016年はフェデラー選手が故障でツアーを離れ、スイスNo2のワウリンカ選手がNo1となった1年であった。

身長183センチ、体重81キロ、右利き、バックハンドは片手うち。通算成績は439勝251敗。これまで15のツアータイトルを獲得している。うち、3つはグランドスラムタイトルで、残すはどちらかといえば得意ではない芝コートのウィンブルドンのタイトルのみ。

ワウリンカ選手は、試合内容に大きな波がある選手として知られる。

グランドスラムの決勝の相手は、ナダル選手が1回、ジョコビッチ選手が2回。いずれも世界ランク1位の選手であった。しかしそれ以外の世界1位との対戦ではすべて負けている。

また、2016年の全米で優勝した時には、「決勝」11連勝と報道され、決勝に残れば負けない、というパターンが印象的であった。

そしてこれらのことから、ワウリンカ選手は「ビッグマッチプレーヤー」といわれている。

波があるのは弱点でもあるがだれにも止められない武器となることもある。

現在の世界ランキングは4位、自己最高3位。

ワウリンカ選手は8歳からテニスをはじめ、15歳からテニス一筋に生きてきたという。

ワウリンカ選手の最強の武器はテニス界一といわれる強力な片手バックハンド。そして232km/hに達するサーブも圧倒的である。

ワウリンカ選手は今回ブリスベン国際初出場。ガールフレンドのベキッチ選手が女子シングルスのワイルドカードに選出され、ワウリンカ選手をブリスベンに呼ぶ条件だったのではないかとうわさされたが関係者は否定している。二人は一緒に来豪した。
昨年まで年初は、チェンナイオープンに出場していて、3連覇していた。

ワウリンカ選手はスイス生まれのスイス人であるが、父がポーランドに祖先をもつチェコ系ドイツ人で、ワウリンカ選手はスイスとドイツの国籍を持っている。
ワウリンカ選手には、モデル出身でテレビプレゼンターの前妻との間に7歳になる娘がいる。

ワウリンカ選手の左腕のタトゥーは、ベケットの散文から "Ever tried. Ever failed. No matter. Try Again. Fail again. Fail better."(何度も挑戦し失敗し続けた。かまわないさ。また挑戦してまた失敗する。よりよくね)、右腕にはAlexiaと娘の名前が刻まれている。

 

sponsored link

 

 


おまけ

ブリスベン国際2017準決勝、錦織選手は間違いなくオン状態を目指すであろうが、ワウリンカ選手はどうか。ワウリンカ選手は波が激しい選手といえる。ブリスベン国際は、ATP250でワウリンカ選手にとっての重要度は低いかもしれない。

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com