読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

フランス大統領選挙2017日程と候補者!結果はいつで予想はどうなっているのか

イギリスの国民投票、アメリカの大統領選に続き、フランスでもサプライズが起きるのか。
まもなく行われるフランス大統領選に注目が集まっている。
フランス大統領選挙2017の日程について調べた。投票はいつで結果はいつわかるのか。
また、候補者についても一覧にした。注目されている「4強」とはどんな人たちで、予想はどうなっているのか。

※4/24追記 マクロン氏とル・ペン氏が決選投票へ進出。

※5/8追記 マクロン氏が新大統領に。

マクロン夫人ブリジットさんと子供や家族について【フランス大統領選2017】 

 

sponsored link

 

 

フランス大統領選挙2017日程

  • 2017/4/23(日) 第1回投票
  • 2017/5/7(日) 第2回投票(決選投票)

第1回投票で過半数を獲得する候補者がいなかった場合に第2回投票(決戦投票)が行われる。第2回投票は、第1回投票で最も得票数が多かった2人の候補者のみでの決戦となる。
万が一決戦に残ったうちのひとりが死亡した場合には3位だった候補者が繰り上げられるが、辞退した場合には第1回投票の結果で決定となる。
投票は、単記名投票。一人の候補者に投票する。

フランスの投票日は日本と同じ日曜日である。
だだし仏領ポリネシアなど本土以外の地域では、時差が考慮されてその地の4/22(土)、5/6(土)に行われるところがある。

投票時間は
午前8時~午後6時
大都市では
午前8時~午後8時

日本とフランスの時差は現在7時間で日本の方が7時間進んでいる。投票が終了するフランスの夜8時は、日本の翌午前3時。

フランス大統領選挙2017結果はいつ 

※追記5/8 最終結果

マクロン氏が新大統領に当選確実。現在のところの公式結果は以下の通り。マクロン氏がおよそ65%、ルペン氏がおよそ35%と大差がついている。

f:id:uwanosorajikenbo:20170508073053p:plainhttp://elections.interieur.gouv.fr/presidentielle-2017/FE.html

------

結果が公表されるのは、最速で、

  • 最後の投票所が閉鎖したとき

第1回投票の結果がわかるのは最速で日本時間4/24午前3時。今回の選挙では上位の候補者の接戦が見込まれるため、結果が出るのには時間がかかると予想されている。

  ※追記4/23の第1回投票では、投票所閉鎖時に速報された。時間がかからなかった。

正式な結果は憲法院が公表する。

第2回投票の結果も投票所閉鎖時に速報されるが、正式には投票の4日後、2017年は5/11(木)に最終結果が公表され、新大統領の選出が宣言される。

公式結果は、こちらのサイトElection présidentielle 2017で公表される。

フランス大統領選挙2017候補者一覧

f:id:uwanosorajikenbo:20170422122206p:plain
http://candidat-2017.fr/candidats.php

候補者は11人で、男性9人、女性2人。

名前の日本語読み、アルファベット表記、性別、年齢、生年月日と所属政党は以下の通り。

エマニュエル・マクロン Emmanuel Macron 39 1977/12/21 アンマルシェ(前進)
フィリップ・プトー Philippe Poutou 50 1967/3/14 半資本主義神道
フランソワ・フィヨン François Fillon 63 1954/3/4 共和党
ジャック・シュミナード Jacques Cheminade 75 1941/8/20 連帯と進歩
フランソワ・アスリノー François Asselineau 59 1957/9/14 共和国人民連合
ジャン・ラサール Jean Lassalle 61 1955/5/3 無所属
ナタリー・アルトー Nathalie Arthaud 47 1970/2/23 労働者の闘争
マリーヌ・ル・ペン Marine Le Pen 48 1968/8/5 国民戦線
ジャン=リュック・メランション Jean Luc Melenchon 65 1951/8/19 左翼党


フランス大統領選挙2017候補者の4強とは

現在世論調査でトップを走っている候補者は4名。事実上この4名の争いとなる。

フランソワ・フィヨン François Fillon 63 1954/3/4 共和党
マリーヌ・ル・ペン Marine Le Pen 48 1968/8/5 国民戦線
エマニュエル・マクロン Emmanuel Macron 39 1977/12/21 アンマルシェ(前進)
ジャン=リュック・メランション Jean Luc Melenchon 65 1951/8/19 左翼党


フランソワ・フィヨン候補は、サルコジ大統領の時の首相で、中道右派の人物。2013年日本政府から旭日大綬章を授与された。現在妻子への不正給与疑惑で支持率が低下中。

マリーヌ・ル・ペン候補は、日本のメディアでもたびたび取り上げられている、EU脱退主張の人物で国民戦線所属。極右派と言われるが先月はロシアのプーチン大統領と会談したりして穏健なイメージの演出もしている。2012年の大統領選にも出馬、17.9%の票を獲得し3位であった。父のジャン=マリー・ル・ペン氏は国民戦線の創始者で、父の選対責任者もしていた。

エマニュエル・マクロン候補は、前経済相で、中道派。ロシアには対抗姿勢、EUとは統合推進を主張している。元経済産業デジタル大臣。オランド氏の側近を務める。前職は会計監査官や投資銀行員。ロチルド&Cie銀行では副社長格であった。

ジャン=リュック・メランション候補は、YouTube発信をしていることが話題に。左翼党の元共同党首でも元職業教育大臣である。2012年の大統領選にも出馬している。

フランス大統領選挙2017 予想は

下馬評での予想は、マクロン候補とル・ペン候補。ブックメーカーのオッズを見ると、

  • マクロン 1.73
  • ル・ペン 3
  • フィヨン 4.5
  • メランション 16

f:id:uwanosorajikenbo:20170422122929p:plainhttps://www.oddschecker.com/politics/european-politics/french-election/next-president

 

世論調査の結果を見てみると、パリ・マッチの世論調査では、

  • マルコン 24.5%
  • ル・ペン 22.5%
  • フィヨン 19.5%
  • メランション 18.5%

http://www.parismatch.com/La-presidentielle-en-temps-reel

 

ODOXAの世論調査では、

f:id:uwanosorajikenbo:20170422124624p:plain

f:id:uwanosorajikenbo:20170422124652p:plainhttp://www.odoxa.fr/sondage/impact-evenements-20-avril-lelection-presidentielle/

  • マルコン 24.5%
  • ル・ペン 23%
  • フィヨン 19%
  • メランション 19%

で、シャンゼリゼ大通りでの襲撃事件の後ル・ペン候補のポイントが上がり、ほかの候補が下がっていると伝えている。また、第5位のアモン候補もポイントを上昇されている。

ブーメランの世論調査では、

  • マルコン 24%
  • ル・ペン 22.5%
  • フィヨン 19.5%
  • メランション 18.5%

f:id:uwanosorajikenbo:20170422125547p:plainhttps://www.bloomberg.com/politics/articles/2017-04-21/french-vote-that-hinged-on-le-pen-becomes-4-way-race-to-finish

記事では、4/20の事件後の各候補の発言も紹介している。ル・ペン候補は国境管理の徹底を主張し、マクロン候補ががそれをナンセンスと言い、自分は諜報活動を改善して対応すると言い、フィヨン候補はロシアやイランと協力すると言って、メランション候補は、フランスは暴力を行わないと示すことがもっともふさわしいと発言した。

イギリス・テレグラフ紙の世論調査では、

 

f:id:uwanosorajikenbo:20170422130734p:plainhttp://www.telegraph.co.uk/news/0/french-presidential-election-poll-tracker-odds/

 

sponsored link

 

 

フランス大統領選挙2017 現職大統領は誰

現職は

  • フランソワ・オランド大統領

オランド大統領は、支持率4%で今回は立候補していない。事実上の撤退である。
オランド大統領の所属政党は社会党で、前職は会計監査院検査官、チュール市長、社会党第1書記など。

フランス大統領選挙2017 フランス大統領の任期は

フランス大統領の任期は

  • 1期5年

連続では2期まで。

フランス大統領選挙2017 投票できる人は

フランス大統領選の選挙権があるのは、

  • 第1回投票の前日に18歳以上のフランス国籍者

外国居住者や拘留者も投票できる。ただし前年の12/31までに選挙人名簿に登録しなければならない。

フランス大統領選挙2017 立候補できる人は

フランス大統領の被選挙権は、

  • 18歳以上

フランス大統領選挙2017 直接選挙はいつ始まったか

フランス大統領は、国民が直接投票する直接普通選挙で行われるが、第1回が行われたのは、

  • 1965年

また、この制度の制定は

  • 1962年

1962/10/28の国民投票の結果を受けてのことであった。その前は、選挙人による間接選挙で選出されていた。

 

sponsored link

 

 

まとめ

フランス大統領選は、単記名2回投票制で、2017年は第1回が4/22、第2回が5/7を予定している。結果は最速で投票所が閉まったときに発表される。第2回投票が行われた場合の公式最終結果は5/7の4日後、5/11の発表となる。

世論調査などの結果から、予想では、マクロン、ル・ペン、フィヨン、メランションの4候補が接戦を繰り広げ、マクロン、ル・ペンの2人が決選投票となる見込みである。

参考サイト:https://jp.ambafrance.org/http://www.lefigaro.fr/

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com