うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

錦織圭テニス全仏オープン2017ドロートーナメント表とシード選手【男子シングルス】ダニエル太郎や注目選手は?

更新6/11 テニスのグランドスラム年間第2戦となる全仏オープン2017の本戦は、5/28から行われる。男子シングルスには錦織圭選手、杉田祐一選手、ダニエル太郎が出場予定。

全仏オープン2017男子シングルスのドロートーナメント表と錦織選手のブロックの組み合わせ、ダニエル太郎選手の組み合わせ、杉田祐一選手の組み合わせ、そして、トップ選手たちのシード順などを調べた。錦織選手のシード順は?

また、男子シングルスの注目選手は?

 

sponsored links

 

 

全仏オープン2017男子シングルス決勝は

※優勝はナダル選手。ナダル 62 63 61 ワウリンカ。

男子シングルスの決勝は、

  • ワウリンカ vs ナダル

両者の戦績は、

  • ワウリンカ 3-15 ナダル

クレーでの戦績は

  • ワウリンカ 1-6 ナダル

全仏での対戦は2013年の準々決勝で、ナダル選手がストレート勝ちしている。最後の対戦は2016年のモンテカルロ(クレーコート)で、こちらもナダル選手がストレート勝ち。

決勝は、6/11(日)日本時間よる10時以降。放送はWOWOWとテレ東。

WOWOWは、6/11よる9時45分から生中継。

全仏オープン2017ドロー 錦織圭のブロック組み合わせ

※6/8 錦織選手は準々決勝でマレー選手に敗退。準々決勝は、マレーvsワウリンカ。

※6/7-2 準々決勝最初の2戦の結果は、

  • ティエム 76(5) 63 60 ジョコビッチ
  • ナダル 62 20 (リタイア) カレノブスタ

ジョコビッチ選手敗退。準決勝の片方は、ティエムvsナダル。今シーズン4回目の対戦。というか両者の対戦はこれまですべてクレーコートでの対戦で戦績はティエム2-4ナダル。

※6/7 錦織vsマレー準々決勝は6/7(水)メインコートの第3試合。日本時間では6/7よる10時以降か。

※6/6 男子シングルス準々決勝の組み合わせは、

  • マレー[1] vs 錦織[8]
  • ワウリンカ[3] vs チリッチ[7]
  • カレノブスタ[20] vs ナダル[4]
  • ティエム[6] vs ジョコビッチ[2]

シード選手ばかりが残った。カレノブスタ選手は第5シードのラオニッチ選手を破って準々決勝に進出した。

※6/5-2 錦織選手が4回戦勝利。スコアは錦織06 64 64 ベルダスコ。次戦は準々決勝vsマレー。→錦織全仏2017準々決勝vsマレー対戦成績と日程!クレーコートでの成績は 
男子シングルスの準々決勝は6/6(火)と6/7(水)に予定されていて、錦織選手の試合は6/7の見込み。時間は発表後追記。

※6/5 錦織vsベルダスコ4回戦は6/5(水)スザンヌランランコート第2試合。このブロックのもうひとつの4回戦は、マレーvsハチャノフでメインコートの第2試合。

全仏2017錦織4回戦vsベルダスコ対戦成績と試合時間と放送予定

※6/4-2 錦織選手は苦戦の末3回戦に勝利。4回戦の相手はベルダスコ選手。6/5の見込み。

※6/4 錦織vsチョンヒョン3回戦は雨のため中断し、再開は日本時間で6/4(日)午後6時から。勝てばベルダスコ選手と4回戦。

ほかに錦織選手のブロックでは、マレー選手が4回戦進出。イズナーvsハチャノフは中断中である。

※6/3 錦織vsチョンヒョン3回戦は、6/3(土)コート1の第2試合。日本時間では6/3夜7時以降の見込み。

※6/2 錦織選手のブロックアップデート。3回戦の組み合わせは以下のトーナメント表ようになった。

f:id:uwanosorajikenbo:20170602100621p:plainhttp://www.rolandgarros.com/en_FR/draws/

錦織vsチョンヒャンのアジア対決とマレーvsデルポトロ戦は、注目の3回戦となった。

マレーvsデルポトロ対戦成績!全仏2017シングルス3回戦

今後の錦織選手の対戦相手の見込みは、

  • 4回戦 クエバス
  • 準々決勝 マレーまたはデルポトロ
  • 準決勝 ワウリンカまたはチリッチ
  • 決勝 ジョコビッチまたはナダル

-----

※6/1-3 3回戦の相手はチョンヒョン選手。

錦織3回戦vsチョンヒョン全仏2017日程と放送と対戦成績!

※6/1-2追記 2回戦は、錦織63 60 76(5)シャルディ。3回戦の相手は、チョンヒョンvsイストミンの勝者。

※6/1追記 錦織選手の2回戦は、6/1(木)コート1第2試合。日本時間ではよる8時ごろとなるだろうか。

※5/30-2追記 錦織選手は1回戦を4セットで勝利し、2回戦進出。相手は地元フランスのシャルディ選手。2回戦は6/1(木)の見込み。

錦織圭2回戦vsシャルディ全仏2017試合日程と放送と対戦成績

※5/31追記 4回戦の見込み対戦相手だったA.ツベレフ選手、3回戦見込みのクエリ選手が1回戦敗退。

※錦織選手の1回戦は5/30(水)コート1の第2試合
錦織圭1回戦vsコキナキス【全仏2017】試合日程と放送予定と対戦成績 

------

錦織選手はライン32.ドロー表を4つに分けたら第1ブロックで、マレー選手と同じブロック。8つに分けたら第2セクションでA.ツベレフ選手と同じセクション。

f:id:uwanosorajikenbo:20170526204941p:plainhttp://www.rolandgarros.com/en_FR/scores/draws/2017_MS_draw.pdf

1回戦の相手は豪のコキナキス選手。

錦織圭1回戦vsコキナキス【全仏2017】試合日程と放送予定と対戦成績 

2回戦以降の対戦相手の見込みは、

  • 2回戦 シャルディ
  • 3回戦 クエリ
  • 4回戦 A.ツベレフ
  • 準々決勝 マレー
  • 準決勝 ワウリンカまたはチリッチ
  • 決勝 ジョコビッチまたはナダル

マレー選手と3回戦で当たる位置にはデルポトロ選手がいて、マレーvsデルポトロや錦織vsデルポトロが見られる可能性もある。

4回戦で当たる見込みのA.ツベレフ選手は先日ジョコビッチ選手を破りイタリア国際で優勝。錦織vsA.ツベレフは見ごたえのある1戦となりそうである。

錦織選手の試合結果は追記予定。

全仏オープン2017錦織圭のシード順

錦織選手は

  • 第8シード

錦織選手は5/22の世界ランキングで第9位。第5位のフェデラー選手が出場しないため、錦織選手は第8シード。
ドロー数128の全仏のドローは8セクションに分けられるので、第8シードの錦織選手が、第7シードまでの選手と当たるのは準々決勝からということになる。シード順ではとりあえず良い位置を確保。

とはいっても順当に勝てば、最初の準々決勝が1位のマレー選手と決まった。

全仏オープン2017ドロー ダニエル太郎のブロック組み合わせ

※6/1追記 ダニエル選手は2回戦敗退。ダニエル 57 46 64 06 カレノブスタ

※5/31追記 ダニエル選手2回戦は、5/31(水)コート6の第3試合に決定。試合時間は日本時間で夜10時くらいだろうか。
2回戦の相手はスペインのカレノブスタ選手20シード。世界ランク21位で188センチ、78キロ、右打ち、バックハンドは両手打ち。戦績はダニエル0-7カレノブスタ

※5/28追記 ダニエル選手は64 64 64のストレートセットでヤノヴィッツ選手に勝利。

※5/27追記 ダニエル選手の1回戦は5/28(日)コート6の第2試合。日本時間ではよる8時ごろとなるだろうか。

第1試合は日本時間午後6時スタート。現地時間では午前11時から。

f:id:uwanosorajikenbo:20170527113200p:plainhttp://www.rolandgarros.com/en_FR/scores/draws/2017_MS_draw.pdf

ダニエル太郎選手はライン75で、ボトムハーフの上側、ナダル選手と同じ第3ブロック、セクションなら5でラオニッチ選手のセクション。錦織選手とは決勝まで当たらない位置である。
ダニエル選手の1回戦の相手はポーランドのイェルジ・ヤノヴィッツ選手26歳。現在の世界ランキングは164位、自己最高は2013年の14位。戦績はダニエル0-1ヤノヴィッツ。ダニエル選手は現在102位、24歳。ダニエル選手は191センチと長身であるが、ヤノヴィッツ選手は203センチともっと高い。

2回戦以降の見込みは、

  • 2回戦 カレノブスタ
  • 3回戦 ディミトロフ
  • 4回戦 ラオニッチ
  • 準々決勝 ナダル
  • 準決勝 ジョコビッチ
  • 決勝 マレーまたは錦織

ダニエルvsディミトロフ戦、ぜひ見たい。

全仏オープン2017ドロー 杉田祐一のブロック組み合わせ

※杉田選手はフルセットの末惜敗。

※5/29 杉田選手1回戦は36 36 67(4) 42で中断中。再開は5/29日本時間でよる7時以降。

※杉田選手の1回戦は、5/28(日)、コート6の第4試合。同じコートで第2試合ダニエル選手、第3試合女子の奈良選手の1回戦に続いて行われる。日本時間では夜遅くなる見込み。

f:id:uwanosorajikenbo:20170527224732p:plainhttp://www.rolandgarros.com/en_FR/scores/draws/2017_MS_draw.pdf

杉田選手はライン103でボトムハーフの第4ブロックでジョコビッチ選手のブロック。セクションでは7でティエム選手のセクション。

杉田選手の1回戦の相手は、第25シードでアメリカのジョンソン選手、世界ランク26位。戦績は杉田0-1ジョンソン

2回戦以降の見込みは、

  • 2回戦 コリッチ
  • 3回戦 ティエム[6]
  • 4回戦 ゴファン[10]
  • 準々決勝 ジョコビッチ[2]
  • 準決勝 ナダル[4]またはダニエル
  • 決勝 マレー[1]または錦織[8]

杉田選手は、準決勝でダニエル選手、決勝で錦織選手と当たるブロック。

全仏オープン2017男子シングルスのドロー表

ドロー数 128

f:id:uwanosorajikenbo:20170527111657p:plain

f:id:uwanosorajikenbo:20170527223951p:plain

http://www.rolandgarros.com/en_FR/scores/draws/2017_MS_draw.pdf

準々決勝の組み合わせ見込みは、

  • マレー vs 錦織
  • ワウリンカ vs チリッチ
  • ラオニッチ vs ナダル
  • ティエム vs ジョコビッチ

マレー選手は第1シードでライン1、ジョコビッチ選手が第2シードでライン128。

ワウリンカ選手は、錦織選手のすぐ下のライン33、チリッチ選手はライン64。ラオニッチ選手がその下でボトムハーフの最初のライン65。ナダル選手は96、ティエム選手はその下97。

また、デルポトロ選手がライン8、ディミトロフ選手がライン80、イタリア国際でマレー選手を破ったフォニーニ選手がライン40となっている。

最新のドロー表はこちら

男子ダブルスは日本選手の出場なし。ダブルスのドロー表はこちら


フレンチオープンテニス ローランギャロス 3カラー ロゴキーリング オフィシャル商品 全仏オープンテニス【あす楽】

全仏オープン2017シード選手一覧

全仏オープン2017のシード順は5/22発表の世界ランキング順(右側の数字)。

シード選手数 32名

  1. A.マレー(英)1
  2. N.ジョコビッチ(セルビア)2
  3. S.ワウリンカ(スイス)3
  4. R.ナダル(スペイン)4
  5. M.ラオニッチ(カナダ)6
  6. D.ティエム(オーストリア)7
  7. M.チリッチ(クロアチア)8
  8. K.錦織(日)9
  9. A.ツベレフ(独)10
  10. D.ゴファン(ベルギー)11
  11. G.ディミトロフ(ブルガリア)12
  12. J.ツォンガ(仏)13
  13. T.ベルディハ(チェコ)14
  14. J.ソック(米)15
  15. G.モンフィス(仏)16
  16. L.プイユ(仏)17
  17. R.バウティスタアグ(スペイン)18
  18. N.キリオス(豪)19
  19. A.ラモスビノラス(スペイン)20
  20. P.カレノブスタ(スペイン)21
  21. J.イズナー(米)22
  22. P.クエバス(ウルグアイ)23
  23. I.カロビッチ(クロアチア)24
  24. R.ガスケ(仏)25
  25. S.ジョンソン(米)26
  26. G.ミュラー(ルクセンブルク)27
  27. S.クエリ(米)28
  28. F.フォニーニ(伊)29
  29. J.デルポトロ(アルゼンチン)30
  30. D.フェレール(スペイン)31
  31. G.シモン(仏)32
  32. M.ツベレフ(独)33

世界ランキング5位のフェデラー選手は出場しない。

 

sponsored links

 

 

全仏オープン2017注目選手と錦織との戦績

A.ツベレフ

"これはおもしろい試合になる!イタリア国際2017のチャンピオンA.ツベレフが全仏17の1回戦でベルダスコと対戦"

5/22の世界ランキングで一気に7位上昇し、自己最高の10位となったA.ツベレフ選手。
先週のATP1000イタリア国際優勝が記憶に新しいが、イタリア国際は今年3タイトル目と勢いに乗っている。今年の成績は27勝9敗で0.75、クレーことでは16勝3敗で0.842。
A.ツベレフ選手は4月に20歳になったばかりで将来の王者を期待された選手のひとりである。身長198センチ、体重86キロ、右打ち、バックハンドは両手打ち。
5歳からテニスを始めて、プロ転向は2013年。今年4年目である。
全仏オープンは今年3回目。2015年は予選2回戦敗退、昨年2016年は3回戦出場を果たした。
ツベレフ一家はテニス一家で、同じ名前の父A.ツベレフ氏は元プロテニス選手で、現在はツベレフ選手のコーチ、母もテニスコーチ、兄は、今大会32シードのM.ツベレフ選手である。
一家は1991年にロシアからドイツに移住。兄のM.ツベレフ選手はロシア生まれであるが、A.ツベレフ選手はドイツ生まれ。現在両者ともドイツ国籍である。
A.ツベレフ選手のA.はアレクサンダー、ニックネームはサシャである。
錦織選手とはこれまで対戦したことがない

D.ティエム

"D.ティエムに大きな勝利!決勝で2連敗していたR.ナダルを倒してイタリア国際準決勝進出!"

ティエム選手は今年のバルセロナオープン準決勝で、マレー選手を破り話題となった。また、バルセロナ決勝、マドリード決勝、イタリア国際準々決勝と3大会続けてナダル選手と対戦し、3回目でついにナダル選手を破った。この時ティエム選手は昨年6月以来11か月ぶりに自己最高の世界ランク7位となり、ナダル選手の方はクレー連勝記録が17で途絶えることとなった。
ティエム選手はクレーでの勝率がよく、今年は17勝4敗の8割越え。プロキャリアを通しては0.724でどのコートよりも良い。
ティエム選手は、オーストリア生まれの23歳。身長185センチ、体重82キロ。右打ち、バックハンドは片手打ち。
ティエム選手の両親もテニスコーチで兄弟もテニスをするテニス一家である。
名前のD.はドミニクで、ニックネームはそれと強さをもじってドミネーター。
全仏オープンは今年4回目。昨年は準決勝進出を果たし、昨年のチャンピオン、ジョコビッチ選手に敗れた。
錦織選手との戦績は、錦織2-0ティエム。ティエム選手は今回のドローでは決勝まで錦織選手とは当たらない。

R.ナダル

"全仏9回優勝のナダルはジョコビッチのハーフに決定、1回戦はペールと"

クレーと言えばやはり外せないナダル選手。
ナダル選手は今年、モンテカルロ、バルセロナ、マドリードとクレーの3大会で優勝している。
これまでの全仏オープン優勝回数は実に9回。昨年は全仏最低成績で3回戦棄権。手首の故障であった。
ナダル選手のクレーコートでの生涯成績は382勝35敗で9割越え。今年も、17勝1敗で9割越え。
10回目の全仏優勝を目指している。
錦織選手との戦績は、錦織2-9ナダル、クレーコートでは、錦織0-3ナダル。ナダル選手は今回のドローでは決勝まで錦織選手と当たらない。

  

sponsored links

 

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com