うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

錦織圭ウィンブルドン2017シード順とドロートーナメント表【テニス】日本選手の組み合わせは

テニスのウィンブルドン選手権2017、錦織圭選手が出場する男子シングルスのシードとドロートーナメント表を調べた。錦織選手のシード順やブロックはどうなっていて、他に日本選手は誰が出場するのか。

ウィンブルドン2017女子ドロートーナメント表とシード

※男子ダブルスの優勝は、クボット・メロ組。
※男子シングルスの優勝は、フェデラー選手。

wimbledon-gentlemen

 

sponsored link

 

 

ウィンブルドン2017男子シングルス ドロートーナメント表

※7/16 優勝はフェデラー選手。スコアはフェデラー63 61 64チリッチ。1時間41分の試合だった。

※7/15 決勝の組み合わせは、

  • チリッチvsフェデラー

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

フェデラー選手は準決勝でベルディハ選手をストレートセットで破った。決勝は7/16(日)日本時間よる10時から。放送はWOWOWとNHK。生中継される。

国枝選手は、車いすダブルス準決勝敗退。

男子ダブルスの決勝は、Kubot/Melo vs Marach/Pavicで7/15センターコートの第2試合。

※7/14-3 準決勝1戦目はチリッチ選手が勝利。

※7/14-2 国枝選手シングルスは準決勝敗退。

※7/14 国枝選手の準決勝は7/14(金)コート17の第1試合で日本時間よる7時から。そしてアルゼンチンのフェルナンデス選手とペアで第4試合の車いす男子ダブルス準決勝にも出場する。国枝選手のシングルス準決勝はWOWOWで放送予定。
男子シングルスの準決勝は、センターコートで7/14(金)日本時間よる9時から2試合続けて行われる。放送はWOWOWで2試合とも生中継、NHKでは1試合目のクエリvsチリッチは配信、2試合目のフェデラーvsベルディハは24時10分から時差放送。

※7/13-3 国枝選手はストレートセットで車いす男子シングルス準決勝出場。

※7/13-2 準決勝の組み合わせは、

  • クエリ[24] vs チリッチ[7]
  • フェデラー[3] vs ベルディハ[11]

男子シングルスの準決勝は、7/14(金)の予定。

準々決勝では、ジョコビッチ選手は右ひじの故障で途中棄権、ベルディハ選手が準決勝へ進んだ。フェデラー選手はストレートでラオニッチ選手を破り、チリッチ選手はクエリ選手と同じく、フルセットの末、ミュラー選手を破った。

また、7/13(木)は、車いす部門男子シングルスで、国枝慎吾選手が登場。コート14の第1試合で日本時間よる8時から。

-------

※7/13 第1シードのマレー選手が準々決勝でフルセットの末クエリ選手に敗退。クエリ選手は昨年も3回戦でジョコビッチ選手を破り世界をわかせたが、今年も大活躍。クエリ選手が準決勝に進出するのはグランドスラムで初。マレー選手は先月末のエキシビションを臀部の痛みで棄権したが、また痛みが出た模様である。

※7/11-2準々決勝進出最後の一人は、ジョコビッチ選手に決定。

※7/11追記 準々決勝の組み合わせ。男子シングルスの準々決勝は7/12(水)の見込み。

  • マレー[1] vs クエリ[24]
  • ミュラー[16 ]vs チリッチ[7]
  • ラオニッチ[6] vs フェデラー[3]
  • ベルディハ[11] vs マナリノかジョコビッチ[2]

マナリノvsジョコビッチ4回戦は7/10はキャンセル延期され、7/11センターコートの第1試合日本時間よる8時からスタート。

7/10はナダル選手が4時間47分の死闘の末敗退という波乱。ウィンブルドンの最終セットはタイブレークがないため2ゲーム差がつくまで試合が行われる。この試合は13-15で決着した。

ラオニッチvsA.ツベレフ、クエリvsアンダーソン、ティエムvsベルディハの4回戦もフルセットで決着。一方マレー選手、チリッチ選手、フェデラー選手はストレートで勝利。3回戦で錦織選手を破ったバウティスタアグ選手はチリッチ選手に26 26 26、1時間40分で敗れた。

-----

※7/9追記 4回戦の組み合わせが出そろった。

  • マレー[1] vs ペール
  • クエリ[24] vs アンダーソン
  • ナダル[4] vs ミュラー[16]
  • バウティスタアグ[18] vs チリッチ[7]
  • ラオニッチ[6] vs A.ツベレフ[10]
  • ディミトロフ[13] vs フェデラー[3]
  • ティエム[8] vs ベルディハ[11]
  • マナリノ vs ジョコビッチ[2]

2回戦で杉田選手を破ったマナリノ選手が、3回戦で第15シードのモンフィス選手を3時間29分のフルセットで破り4回戦に進出。また第5シードながら1回戦で敗退したワウリンカ選手のブロックはアンダーソン選手が勝ち抜いた。

男子シングルスの4回戦は8試合すべて7/10(月)に行われる予定。センターコートでは、マレーvsペール、ディミトロフvsフェデラーがそれぞれ第2試合、第3試合に行われる。

No1コートでは、ナダルvsミュラー、マナリノvsジョコビッチが第2、第3試合。

------7/9追記ここまで

ドロー数 128

日本選手は、錦織圭ライン49、ダニエル太郎ライン92、杉田祐一ライン117。
錦織選手は第9シード。

f:id:uwanosorajikenbo:20170701182400p:plain

f:id:uwanosorajikenbo:20170701182422p:plain

http://www.wimbledon.com/en_GB/scores/draws/ms/msdraw.pdf

8回目の優勝をかけたフェデラー選手はライン96で、錦織選手とは決勝まで当たらない位置。ナダル選手は、ライン33で錦織選手とは準々決勝で当たる位置である。
4回戦の組み合わせ見込みは、

  • マレー vs プイユ
  • ワウリンカ vs ツォンガ
  • ナダル vs ミュラー
  • 錦織 vs チリッチ
  • ラオニッチ vs A.ツベレフ
  • ディミトロフ vs フェデラー
  • ティエム vs ベルディハ
  • モンフィス vs ジョコビッチ

準々決勝の組み合わせ見込みは、

  • マレー vs ワウリンカ
  • ナダル vs 錦織またはチリッチ
  • ラオニッチ vs フェデラー
  • ティエム vs ジョコビッチ

ほかに、デルポトロ選手は、ライン121でジョコビッチ選手と3回戦で当たる位置に、キリオス選手はマレー選手と4回戦で当たるライン9、昨年3回戦でジョコビッチ選手を破り話題となったクエリ選手はライン24に第24シードで出場している。

ウィンブルドン2017錦織圭のブロック組み合わせ

※錦織選手のブロックの4回戦の組み合わせは、

  • ナダル [4]vs ミュラー[16]
  • バウティスタアグ[18] vs チリッチ[7]

全員シード選手で、見込みの組み合わせから漏れたのは錦織選手だけ。残念。

※錦織選手は4回戦進出ならず。

※7/5 3回戦はバウティスタアグ選手

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

※7/4 2回戦は、錦織vsスタコフスキー 

 

f:id:uwanosorajikenbo:20170701183207p:plain

http://www.wimbledon.com/en_GB/scores/draws/ms/msdraw.pdf

錦織選手はライン49。トップハーフの後半セクションで、第4シードのナダル選手のブロックである。4回戦は去年に引き続きチリッチ選手と当たる位置。1回戦は、チェキナート選手。

錦織圭1回戦ウィンブルドン2017vsチェキナート日程と放送と対戦成績

対戦相手の見込みは、

  • 1回戦 M.チェキナート 105位 初対戦
  • 2回戦 J.ベネトー 81位 4勝1敗
  • 3回戦 R.バウティスタアグ 19位 4勝0敗
  • 4回戦 M.チリッチ 6位 7勝6敗
  • 準々決勝 R.ナダル 2位 2勝9敗
  • 準決勝 マレーまたはワウリンカ
  • 決勝 ジョコビッチまたはフェデラー

錦織選手は現在世界ランキング9位で今大会第9シード。

ウィンブルドン2017杉田祐一の組み合わせ

 

f:id:uwanosorajikenbo:20170701184316p:plain

http://www.wimbledon.com/en_GB/scores/draws/ms/msdraw.pdf

※杉田選手は2回戦敗退。

※杉田選手の2回戦は、マナリノ選手。

杉田祐一ウィンブルドン2017の2回戦はまたマナリノ【テニス】対戦成績や試合時間と放送 

 

杉田選手はライン117で、ボトムハーフの後半、ジョコビッチ選手のブロックである。ダニエル選手とは準決勝まで、錦織選手とは決勝まで当たらないブロックである。1回戦の相手はワイルドカードで本戦入りしたイギリスのクライン選手、27歳。両者は初対戦。

杉田祐一ウィンブルドン2017の1回戦vsクライン試合日程と放送と対戦成績【テニス】 


杉田選手の対戦相手の見込みは、

  • 1回戦 B.クライン
  • 2回戦 F.ロペス
  • 3回戦 G.モンフィス
  • 4回戦 ジョコビッチまたはデルポトロ
  • 準々決勝 ティエム
  • 準決勝 フェデラー
  • 決勝 錦織、マレー、ナダル、ワウリンカ

杉田選手は、現在世界ランキング66位、28歳、178センチ、右打ち。6/30現在、トルコのアンタルヤオープンで決勝進出している。ATPツアー初優勝した。

杉田祐一ATPツアー初優勝海外の反応【テニス】アンタルヤ・オープン 

ウィンブルドン2017ダニエル太郎の組み合わせ

f:id:uwanosorajikenbo:20170701183846p:plain

http://www.wimbledon.com/en_GB/scores/draws/ms/msdraw.pdf

※ダニエル選手は1回戦、第1セットを先取したが64 46 6(4)7 26でククシュキン選手に敗退。

ダニエル選手は、ライン92で、ボトムハーフの前半、フェデラー選手のブロック。杉田選手とは準決勝まで、錦織選手とは決勝まで当たらないブロックである。ダニエル選手の1回戦の相手はカザフスタンのククシュキン選手、世界ランキング118位、29歳。
対戦相手の見込みは、

  • 1回戦 M.ククシュキン
  • 2回戦 M.ツベレフ
  • 3回戦 R.フェデラー
  • 4回戦 G.ディミトロフ
  • 準々決勝 M.ラオニッチまたはA.ツベレフ
  • 準決勝 ジョコビッチまたはティエム
  • 決勝 マレー、ナダル、錦織、ワウリンカ

ダニエル選手は現在世界ランキング89位、24歳、191センチ、右打ち。

ウィンブルドン2017男子シングルスのシード

錦織圭選手のシード順は

  • 第9シード

男子シングルスのシード一覧

シングルスのシード選手は32名。

※6/28シード順が発表された。

      世界ランク
1 A.マレー 1
2 N.ジョコビッチ セルビア 4
3 R.フェデラー スイス 5
4 R.ナダル スペイン 2
5 S.ワウリンカ スイス 3
6 M.ラオニッチ カナダ 7
7 M.チリッチ クロアチア 6
8 D.ティエム オーストリア 8
9 K.錦織 日本 9
10 A.ツベレフ 12
11 T.ベルディハ チェコ 14
12 J.ツォンガ 10
13 G.ディミトロフ ブルガリア 11
14 L.プイユ 15
15 G.モンフィス 16
16 G.ミュラー ルクセンブルク 26
17 J.ソック 18
18 R.バウティスタアグ スペイン 19
19 F.ロペス スペイン 25
20 N.キリオス 20
21 I.カロビッチ クロアチア 23
22 R.ガスケ 27
23 J.イスナー 21
24 S.クエリ 28
25 A.ラモスビノラス スペイン 22
26 S.ジョンソン 31
27 P.クエバス ウルグアイ 24
28 M.ツベレフ 30
29 F.フォニーニ 29
30 J.デルポトロ アルゼンチン 32
31 K.ハチャノフ 34
32 P.ロレンツィ 33

引用元:http://www.wimbledon.com/en_GB/news/articles/2017-06-28/seeding_announced_for_the_championships_2017.html

ウィンブルドン2017男子シングルス日本の出場選手 世界ランク13位のD.ゴファン選手と17位のカレノブスタ選手は故障によりウィンブルドンを欠場する。

ウィンブルドンの男子シングルスでは、シードを世界ランキング+芝コートでの成績で決定している。
第8シードまでの選手はドローで、準々決勝まで格上の選手と当たらない優位な位置を得られる。
ウィンブルドンのドローの決め方!2017年の発表日はいつ?【テニス】 

第1シードは予想通りマレー選手。上位4位はビッグ4の選手となった。
先々週のリコーオープンで優勝し、先週のエイゴン選手権でも準決勝に進出したミュラー選手は、世界ランク26位ながら第16シードである。

ウィンブルドン2017男子シングルス本戦の日本選手

シングルス本戦の出場予定の男子日本選手は

  • 錦織圭
  • 杉田祐一
  • ダニエル太郎

西岡良仁選手は欠場。

予選には、5名出場していて、添田豪選手と伊藤竜馬選手が2回戦進出している。
ウィンブルドン2017予選ドローと日本選手【テニス】会場や日程は 

ウィンブルドン2017男子シングルス ワイルドカード

2017年のワイルドカードを射止めたのは、

  • M.フクソビクス(ハンガリー)
  • T.ハース(独)
  • B.クレイン(英)
  • C.ノリイ(英)
  • D.シャポワロフ(カナダ)
  • J.ウォード(英)

EVENT 1: GENTLEMEN'S SINGLES

1. FUCSOVICS, Marton (HUN)
2. HAAS, Tommy (GER)
3. KLEIN, Brydan (GBR)
4. NORRIE, Cameron (GBR)
5. SHAPOVALOV, Denis (CAN)
6. WARD, James (GBR)
7. Not used - next direct acceptance
8. Not used - next direct acceptance

http://www.wimbledon.com/en_GB/atoz/wild_cards.html

通常ワイルドカードは8名であるが2017年は6名。あいた2名分はダイレクト本戦出場権が次点となっていた2名の出場資格となった。

 

sponsored link

 

 

錦織圭ウィンブルドンでのこれまでの成績

ウィンブルドン出場回数

  • 8回

ウィンブルドン最高成績

  • 4回戦出場(2016、2014)

ウィンブルドン戦績

  • 11勝8敗

錦織選手は、これまでウィンブルドンに8回出場していて今年は9回目。これまでの最高成績は、4回戦出場でグランドスラムの中ではもっとも振るわない大会である。

昨年は4回戦のチリッチ戦を途中棄権、2015年は2回戦を試合前に棄権した。最初に出場した2008年も1回戦を途中棄権している。

錦織圭の今の調子は

※追記 錦織選手は、6月に痛めた臀部の痛みは現在ほとんどないという。6/30のインタビューで、「体調はぎりぎり間に合うと思う。初戦で自信をつけ1試合ずつしっかり戦いたい(NHK)」と述べた。

6月22日、錦織選手はゲリーウェバー2回戦を途中棄権した。ゲリーウェバーでの途中棄権は3年連続。芝コートでの棄権は5大会連続。
芝コートは滑りやすく膝に負担がかかり、直前のクレーコートとは全く違う性質でありながら準備期間も短く選手にとってはとても厳しいシーズンであるといわれる。その条件はみな同じであるが。いや、フェデラー選手は今年、クレーコートを欠場しているから、例外か。

近年は芝シーズン前のクレーコートで活躍を見せる錦織選手であるが、今年は右手首を痛めてバルセロナを欠場、マドリードも準々決勝を前に棄権、全仏でも満身創痍状態といわれ心配されていた。今年は試合中でもよくメディカルタイムアウトを取っている印象である。

ゲリーウェバーでの棄権理由は、突発的なスポーツ外傷で、バックハンドを打つときに急に襲われた左臀部の痛みであったと報道されている。錦織選手は、予兆がなく突然の痛みでびっくりした、というコメントをしている。

芝コートでは重心を低く取らなくてはいけなくて、足腰大きな負担となるそうである。腰、ふくらはぎ、股関節などに負傷がこの時期多くなる。伊達公子選手は今年、ひざの手術から復帰したが、再発回避のためウィンブルドンの予選出場を見送った。

錦織選手は、故障が多いと世界のメディアでも報じられていて、日本人の体力ではテニスって無理があるのかなどと考えてしまうが、そんなこと言ったら前に進めない。リタイアが多いということは無理をしないように気を付けているということでもある。クレーシーズンも心配されながら、全仏ではきっちり準々決勝まで進出した。

ウィンブルドンには、しっかり休んで準備をしたい、と話した錦織選手。プロの選手として最高の準備をして臨むことは間違いないのだからただただ楽しみにしています。

ウィンブルドン2017前回の男子シングルス優勝者は

男子シングルス2016年の優勝者は、

  • A.マレー

準優勝は、

  • M.ラオニッチ

決勝では地元イギリスのマレー選手がストレートセットでラオニッチ選手を破り、ウィンブルドン2度目の優勝を飾った。

これまで男子シングルスで最も優勝回数が多いのは、7回でW.Renshaw選手、P.サンプラス選手、そしてR.フェデラー選手。

 

sponsored link

 

 

まとめ

ウィンブルドン2017男子シングルスで錦織選手は第9シードの見込みでドローは6/30の発表。

日本選手は錦織選手のほか、杉田選手、ダニエル選手が本戦出場予定である。 

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com