うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

ATPツアーファイナル2017ドローと対戦成績【テニス】試合予定や結果についても

男子テニスの1年を締めくくるATPツアーファイナル、2017年は11/12に幕を開ける。
今年からは日本の日東がタイトルスポンサーを務め、「ニットーATPファイナルズ」という名称になっている。呼称はまぎらわしいが、内容は同じ。テニス界のトップ選手たちによる年間最終決戦である。
ATPファイナルズのドローやシングルスの出場選手同士の対戦成績を調べた。また、試合予定や結果について追記していく予定。

 

sponsored link

 

 

ATPファイナルズ2017試合予定と結果

11/20 優勝は、

  • シングルス ディミトロフ
  • ダブルス コンティネン・ピアーズ

ディミトロフ選手は全勝優勝!賞金約2億9000万円。詳しくは↓。

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

11/19(日)決勝

ダブルス 日本時間11:30pm(現地3:30pm)

  • コンティネン・ピアーズ vs クボット・メロ 64 62

シングルス 日本時間翌2am以降(現地6pm以降)

  • ディミトロフ vs ゴファン 75 46 63

ディミトロフ選手は、全勝優勝が懸かっている。ゴファン選手とはラウンドロビンでも対戦し結果は60 62のストレート勝ち。両者ともに26歳で、両者とも現在モナコに居住。これまでの対戦成績はディミトロフ6-1ゴファン。

シングルスのラウンドロビン順位表

サンプラス組

  勝敗 セット ゲーム
G.ディミトロフ 3-0 6-1 42-19
D.ゴファン 2-1 4-3 33-34
D.ティエム 1-2 3-5 35-43
P.カレノブスタ 0-2 1-4 15-27
R.ナダル 0-1 1-2 17-19

ベッカー組

  勝敗 セット ゲーム
R.フェデラー 3-0 6-2 49-36
J.ソック 2-1 4-4 41-42
A.ズべレフ 1-2 4-5 43-45
M.チリッチ 0-3 3-6 41-51

シングルスでは、ディミトロフ選手、ゴファン選手、フェデラー選手、ソック選手が準決勝進出。

ダブルスでは、 マレー・ソアレス組、クボット・メロ組、ハリソン・ビーナス組、コンティネン・ピアーズ組が準決勝進出。

11/18(土)準決勝

  • 日本8pm(現地正午) ハリソン・ビーナス vs クボット・メロ 61 64
  • 10pm(2pm) フェデラー vs ゴファン 26 63 64 
  • 翌2am(6pm) コンティネン・ピアーズ vs マレー・ソアレス 76(2) 62
  • 翌4am(8pm) ディミトロフ vs ソック 46 60 63

11/17(金)

※ドディグ・グラノリュエス組が欠場し、代わりにマラク・パヴィッチ組が参戦。

  • 日本8pm(現地正午) ブライアン・ブライアン vs マラク・パヴィッチ 64 64
  • 10pm(2pm) ティエム vs ゴファン 64 61
  • 翌2am(6pm) クボット・メロ vs マレー・ソアレス 62 64
  • 翌4am(8pm) カレノブスタ vs ディミトロフ 61 61

11/16(木)

  • 日本8pm(現地正午) コンティネン・ピアーズ vs エルベール・マユ 26 61 10-8
  • 10pm(2pm) フェデラー vs チリッチ 67(5) 64 61
  • 翌2am(6pm) ロジェ・テカウ vs ハリソン・ビーナス 63 76(5)
  • 翌4am(8pm) ズべレフ vs ソック 64 16 64

11/15(水)

※ナダル選手が右ひざの故障で欠場となり、代わりに補欠だったカレノブスタ選手が参戦。

  • 日本8pm(現地正午) クボット・メロ vs ブライアン・ブライアン 64 63
  • 10pm(2pm) ゴファン vs ディミトロフ 60 62
  • 翌2am(6pm) マレー・ソアレス vs ドディグ・グラノリュエス 61 61
  • 翌4am(8pm) カレノブスタ vs ティエム 63 36 64

11/14(火)

  • 日本8pm(現地正午) コンティネン・ピアーズ vs ロジェ・テカウ 76(3) 76(6)
  • 10pm(2pm) ソック vs チリッチ 57 62 76(4)
  • 翌2am(6pm) ハリソン・ビーナス vs エルベール・マユ 67(4) 64 10-5
  • 翌4am(8pm) フェデラー vs ズべレフ 76(6) 57 61

11/13(月)

  • 日本8pm(現地正午) マレー・ソアレス vs ブライアン・ブライアン 75 67(3) 10-8
  • 10pm(2pm) ティエム vs ディミトロフ 63 57 75
  • 翌2am(6pm) クボット・メロ vs ドディグ・グラノリュエス 76(2) 64
  • 翌4am(8pm) ナダル vs ゴファン 76(5) 67(4) 64

11/12(日)

  • 日本8pm(現地正午) コンティネン・ピアーズ vs ハリソン・ビーナス 64 36 64
  • 10pm(2pm) フェデラー vs ソック 64 76(4)
  • 翌2am(6pm) ロジェ・テカウ vs エルベール・マユ 16 76(7) 10-8
  • 翌4am(8pm) ズべレフ vs チリッチ 64 36 64

太字が勝者。公式サイトの順位表はこちら

ATPファイナルズ2017ドロー

シングルス

シングルス・ラウンドロビンのグループは、

グループA  ピート・サンプラス組

  • R.ナダル
  • D.ティエム
  • G.ディミトロフ
  • D.ゴファン

グループB ボリス・ベッカー組

  • R.フェデラー
  • A.ズべレフ
  • M.チリッチ
  • J.ソック
ダブルス

ダブルス・ラウンドロビンのグループは、

グループA ウッドブリッジ・ウッドフォード組

  • L.クボット・M.メロ
  • J.マレー・B.ソアレス
  • B.ブライアン・M.ブライアン
  • I.ドディグ・M.グラノリュエス

グループB エルティン・ハーフース組

  • H.コンティネン・J.ピアーズ
  • J.ロジェ・H.テカウ
  • P.エルベール・N.マユ
  • R.ハリソン・M.ビーナス

各グループ上位2名が準決勝進出。

グループ名、公式サイトで今日書き換わっていた。きのまでのは去年のだったらしい。

ドローがでないなーと思ったら、現地11/8の朝8時15分から行われBBCラジオで生放送予定であったが、ボリス・ベッカー氏が渋滞にはまって遅刻したため遅れて始まったそうだ。

 uwanosorajikenbo.hatenablog.com

 

ATPファイナルズ2017シングルス出場選手の顔ぶれをおさらい

f:id:uwanosorajikenbo:20171107112848p:plainhttp://www.nittoatpfinals.com

左上→右上、右下→左下の順に。今大会のシード順でもある。

  1. R.ナダル(スペイン) [1] 31歳
  2. R.フェデラー(スイス) [2] 36歳
  3. A.ズべレフ(独) [3] 20歳
  4. D.ティエム(オーストリア) [4] 24歳
  5. G.ディミトロフ(ブルガリア) [6] 26歳
  6. M.チリッチ(クロアチア) [5] 29歳
  7. D.ゴファン(ベルギー) [8] 26歳
  8. J.ソック(米) [9] 25歳

[]内は11/6の世界ランキング。

A.ズべレフ選手は21歳以下のネクストジェンでダントツの1位であるが、ネクストジェンATPファイナルズの方には出場せず、本家のこちらにのみ出場。

選手についてはこちらもご覧ください。

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

ATPファイナルズ2017過去の対戦成績 シングルス

これまでの対戦成績一覧。

    R.ナダル R.フェデラー A.ズべレフ  D.ティエム M.チリッチ  G.ディミトロフ D.ゴファン J.ソック
1 R.ナダル   23–15 3–0 5–2 5–1 10–1 2–0 4–0
2 R.フェデラー 15–23   2–2 1–2 7–1 6–0 6–0 3–0
3 A.ズべレフ 0–3 2–2   1–4 3–1 2–1 1–0 1–1
4  D.ティエム 2–5 2–1 4–1   1–0 2–1 3–6 2–1
5 M.チリッチ 1–5 1–7 1–3 0–1   3–1 2–3 0–2
6  G.ディミトロフ 1–10 0–6 1–2 1–2 1–3   3–1 1–3
7 D.ゴファン 0–2 0–6 0–1 6–3 3–2 1–3   3–0
8 J.ソック 0–4 0–3 1–1 1–2 2–0 3–1 0–3  

キャリアの長いナダル選手とフェデラー選手はすごい数対戦しているのがわかる。

初対戦同士の選手はいない。最も少ない対戦は、チリッチvティエム、ゴファンvズべレフの1回。

では、この大会のサーフェスで屋内ハードコートでの戦績はどうなっているだろう。

    R.ナダル R.フェデラー A.ズべレフ  D.ティエム M.チリッチ  G.ディミトロフ D.ゴファン J.ソック
1 R.ナダル   1–5 0–0 0–0 1–0 2–0 0–0 0–0
2 R.フェデラー 5–1   0–0 0–0 1–0 2–0 3–0 1–0
3 A.ズべレフ 0–0 0–0   0–1 1–0 0–1 0–0 0–1
4  D.ティエム 0–0 0–0 1–0   0–0 0–0 1–1 0–1
5 M.チリッチ 0–1 0–1 0–1 0–0   0–1 1–0 0–0
6  G.ディミトロフ 0–2 0–2 1–0 0–0 1–0   1–1 1–0
7 D.ゴファン 0–0 0–3 0–0 1–1 0–1 1–1   1–0
8 J.ソック 0–0 0–1 1–0 1–0 0–0 0–1 0–1  

ナダルvフェデラーでは、形勢が逆転する。全体ではナダル選手が勝利数が多いが、屋内ハードならフェデラー選手だ。

また、屋内ハードでは初対戦という組み合わせが、ナダルvズべレフ、ナダルvティエム、ナダルvゴファン、ナダルvソック、フェデラーvズべレフ、フェデラーvティエム、ズべレフvゴファン、ティエムvチリッチ、ティエムvディミトロフ、チリッチvソック、とかなり多くなっている。

 

sponsored link

 

 

ATPファイナルズ2017日本で放送される?

放送される。

日本で放送・配信を担当するのは、GAORAとスポナビライブ。そしてNHK BS1

 

まとめ

2017年は名称がニットーATPファイナルズとなったATPツアーファイナル。ことしのシングルスでは初対戦同士の選手はいない。

ドローや試合については発表後に追記していきたい。

 

 

sponsored link

 

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com