うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

フィギュアスケートのタイツを靴までかぶせるのはなぜ?

平昌五輪でも話題のフィギュアスケート選手、ザギトワ選手を見ていたら、タイツがとても気になった。こうしている選手はけっこういるのだけれど、なぜか今回は白い靴を見せたほうが合っているのではないかととても気になったのでなぜかぶせるのかについて調べてみた。

f:id:uwanosorajikenbo:20180219165432p:plain

uk.businessinsider.com

 

sponsored link

 

 

タイツを靴にかぶせる理由

第一の理由は、

  • 足が長く見えるから

だそうだ。よりエレガントなラインになってよりよく見えるという。

えーそれ本当?遠くから見たらもしかするとそう見えるのかもしれない。テレビで見る限りでは個人的にはかなりの違和感。

スケートコスチュームのデザイナーであるブラッド・グリフィスさんによると、それに加えて、

  • スケート靴を磨くのが面倒だから

というのも一般的な理由であるという。

きれいにするのが面倒、と言う人もいれば、靴が古くなってきているのを隠すという場合も多いのだそう。

そのほかには、

  • スケート靴の紐がほどけにくいように
  • 足先の感覚がそのほうがいいから
  • コスチュームや曲のイメージによりあっているから

といった理由もあるという。

紐がほどけにくいというならかなり実用的でなっとくしてしまう。浅田真央さんも昔はこの理由でかぶせていたことがあるのだという。

足先の感覚というのもなるほどと思わせる。微妙な繊細さがあのすてきな演技や技を生み出しているのだ。

そしてコスチュームや曲のイメージに合っているから、というのはつまり足が長く見えるというのと同じように「見た目」かあ。

見た目説にはうなずけないのはわだしだけだろうか。まあ、好みですよね。

 

sponsored link

 

 

フィギュアスケートのタイツの種タイプ

ちなみにフィギュアスケートのタイツらしきものは足先を含まにレギンスの形のものが多いのだそうである。

たとえばこちらの”ブーツカバー”タイプが、靴をカバーして靴底でホックで留めるようになっているタイプ。


フィギュアスケート MONDOR(モンドール) タイツ 3350【楽ギフ_包装】【レターパック可】

これはいわゆるタイツタイプ。靴にはかぶせない派。


フィギュアスケート MONDOR(モンドール) タイツ 3345【楽ギフ_包装】【レターパック可】

こちらは靴をすっぽりは覆わないタイプ。


【Mondor 3339 Footless Evolutionフィギュアスケートタイツ 12-14】 b00c9v2150

そしてこんなふうに切れてるのもある。これは体操などで見る形かな。トレンカタイプ。靴の中用。


カンナカンナ、ダンス用タイツトレンカタイプ片倉工業キャロン【あす楽】フィギュアスケート、劇団

 

sponsored link

 

 

まとめ

フィギュアスケートでタイツを靴にかぶせるのは、主に足が長く見えるや靴の汚れを見えなくするという見た目の印象が主な理由であった。

素人目にはかなり違和感な理由だ。

タイツには足先まで覆わないレギンスタイプのものが多く、足先の感覚でかぶせるタイプを選ぶ選手もいる。

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com