うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

ゴルフのマスターズの意味は?なぜそう呼ぶのか

ゴルフの松山英樹選手が、マスターズで優勝。日本人として初制覇ということで話題になっている。おめでとうございます!
というわけで疑問に思ったのが、なぜこの大会はマスターズというのかということ。どういう意味なのか。

 

sponsored link

 

 

 

ゴルフのマスターズの意味は?

報道されている通り、松山選手が優勝したマスターズとは、「マスターズ・トーナメント」という名前の大会で、単に「マスターズ」とか英語では、「The Masters」「U.S. Masters」と呼んだりする。

つまりこれは、

  • 大会名

ではマスターズという大会名の由来は?

なぜマスターズと呼ぶのか

golfchannel.comによると、

トーナメントが始まった当初は「オーガスタ・ナショナル・インビテーション・トーナメント」と呼ばれていました。ロバーツは、このトーナメントに参加する「ゴルフの達人」にちなんで、マスターズと呼ぶことを提案しましたが、ジョーンズはその名前が不謹慎だと考えました。1939年、ようやくロバーツの意見が通りました。

When the tournament began it was called the Augusta National Invitation Tournament. Roberts suggested it be called the Masters, a reference to the "masters of golf" who played in it, but Jones thought the name immodest. Roberts finally got his way in 1939.

というわけで、マスターズという名の由来は、

  • この大会に参加する選手たちが達人たち(masters)であったから 

この大会の発案者は、伝説のアマチュアゴルファー、ボビー・ジョーンズ氏と投資ディーラーのクリフォード・ロバーツ氏。二人は、ジョージア州オーガスタの農地を購入1933年にゴルフ場がオープン、1934年に「オーガスタ・ナショナル・インビテーション・トーナメント」という全く違う名前で、マスターズの第1回大会が開催された。

インビテーション・トーナメントということで、出場者は招待された選手のみ。当初の招待選手は、ジョーンズ氏の親しい関係者であったという。

「マスターズ」という名は、1939年の第6回大会から使用されるようになった。

 

sponsored link

 

 

まとめ

ゴルフのマスターズという大会名の由来は、招待大会として始まった大会の出場者たちがみな、ゴルフの達人たち、つまりゴルフのマスターズであったため、創始者のひとりであるロバーツ氏が提案したから。


ダンロップ スリクソン ZX5 ドライバー Diamana ZX カーボンシャフト (日本正規品)【カスタムオーダー】 srixon