うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

ウィンブルドン賞金一覧!ダブルスや準優勝と予選も 2016年日本円では去年より少ないって本当か

テニスのウィンブルドン、2016年も盛り上がって来た。2016年は賞金総額昨年比5%増、シングルスの優勝賞金では6.4%増と、今年もまた確実に増額しイベントの格をアピールしている。

超高額なシングルス優勝賞金については、毎年ニュースになるが、では、決勝で争った準優勝者の賞金はどうなっているだろう。

女子の部には日本選手も6人が参加するダブルスではどうだろう。

まずは賞金内訳一覧を調査した。

次に、ウィンブルドンの賞金は、イギリスの通貨・ポンド建てである。

ご存じの通り、ウィンブルドン本戦直前に行われた国民投票の結果が、世界を激震させたわけだが、ポンドにも大打撃を与えることとなった。

これって日本に暮らし、日本円として使う日本選手にとっては、かなり残念なことになっているような。
調査してみた。

 

sponsored link

 

 


ウィンブルドン2016賞金一覧

ウィンブルドンの賞金は、公式サイトのこちらに発表されている。

ウィンブルドンの賞金総額はこんな風に増えている。

 

f:id:uwanosorajikenbo:20160630222452p:plain

https://twitter.com/AlexandreDEREY/status/725411981780475905

 

セクションごとに見て行こう。

ウィンブルドンの本戦では、男女とも賞金が同額である。

 

シングルス

f:id:uwanosorajikenbo:20160630220210p:plain

出典:http://www.wimbledon.com/pdf/Wimbledon_Prize_Money_2016.pdf

 

数字は、

「1人当たりの賞金」、「合計」、「昨年比」

の順で並んでいる。

厳しいことに、優勝者(Winner)2百万ポンドに対して、準優勝者(Runner-up)は半額の百万ポンドだ。

準決勝出場者(Semi-finalists)、いわば、3位4位に当たる選手がさらに半額の50万ポンド、準々決勝出場者(Quarter-finalists)がさらにその半額で25万ポンド。

ここからは少し緩和されて、4回戦敗者(Fourth Round Losers)が13万2千ポンド、以下8万ポンド、5万ポンドと続いて、1回戦で負けても、るまり本戦に出場するだけで3万ポンドの賞金がもらえる。

しかしながら、前年比を見ると1回戦の敗者の増額率は3.4%で、もっとも少ない。2015年からの増加分は金額にして1000ポンドである。


ダブルス

男女ダブルス

f:id:uwanosorajikenbo:20160630220313p:plain

出典:http://www.wimbledon.com/pdf/Wimbledon_Prize_Money_2016.pdf

 

賞金は、ペア1組当たり(per pair)の額である。
ダブルスの優勝ペア(Winners)の賞金は、35万ドル。一人あたりにすると17.5万ドル。

シングルスの優勝賞金と比べておよそ5.7分の1。一人あたりにすれば、シングルスが11倍以上である。

昨年からの増額率も、シングルス優勝が6.4%であるのに対し、ダブルスでは2.9%である。

これが人気の差というものか。


混合ダブルス

f:id:uwanosorajikenbo:20160630220348p:plain

出典:http://www.wimbledon.com/pdf/Wimbledon_Prize_Money_2016.pdf

 

混合ダブルスになるとさらに少ない。

しかも増加率には「-」のマークが。

混合ダブルスの賞金は伸び率ゼロ。2015年と同額である。


予選

予選(Qaulifying)もまた男女同額である。
勝ち進むごとに2倍となっている。

 

f:id:uwanosorajikenbo:20160630220431p:plain

出典:http://www.wimbledon.com/pdf/Wimbledon_Prize_Money_2016.pdf

 

ここで謎が一つ残った。
男女ダブルスの予選もあったのだが、賞金が書かれていない。
わたしの調べたところでは見つけられなかった。
ダブルスの予選は、ウィンブルドン特有のもので、他のグランドスラムにはない。

ウィンブルドンでは、選手の宿泊などの手当てのために日当(per diem 賞金一覧の一番下に見積額が載っている)のようなものが支給されるが、これだけだろうか。


招待試合ダブルス

f:id:uwanosorajikenbo:20160630220508p:plain

出典:http://www.wimbledon.com/pdf/Wimbledon_Prize_Money_2016.pdf

 

招待試合では、優勝と準優勝以外の賞金が今年は同額となった。よって最下位の賞金が伸び率で見ると最高だ。

車いす部門

車いす部門では、今年からシングルスが新しく始まることになった。

前からあるダブルスよりも2倍以上賞金となっている。
よって、車いす部門全体では、212.5%の増加となった。

 

f:id:uwanosorajikenbo:20160630220537p:plain

出典:http://www.wimbledon.com/pdf/Wimbledon_Prize_Money_2016.pdf


ポンド建て賞金と日本円

ウィンブルドン2016の賞金額は、今年のウィンブルドン直前の6月18日には、次のように報じられていた。

【男女シングルス 獲得賞金一覧】

優勝:200万ポンド(約3億円)
準優勝:100万ポンド(約1億5,000万円)
ベスト4:50万ポンド(約7,500万円)
ベスト8:25万ポンド(約3,700万円)
4回戦:13万2,000ポンド(約2,000万円)
3回戦:8万ポンド(約1,200万円)
2回戦:5万ポンド(約750万円)
1回戦:3万ポンド(約450万円)

※6月18日付の為替レート(1ポンド=149円)

http://news.tennis365.net/news/today/201606/110169.html

 

2百万ポンドが、およそ3億円となっている。
1ポンドのレートは、149円。

さて、きょうは6月30日。
今日の1ポンドのレートはというと、

ヤフーファイナンスで138円。

約11円違う

11円違うと、2百万ポンドはいくらになるかというと2億7600万円。

2300万円ほど目減りしている。

ポンドの日本円に対する価値は、この1週間のグラフを見るとこのように減っている。

 

f:id:uwanosorajikenbo:20160630221052p:plain

http://www.xe.com/currencycharts/?from=GBP&to=JPY&view=1M


1か月で見ると明らかに国民投票の後落ち込んでいるのがわかる。

f:id:uwanosorajikenbo:20160630221109p:plain

http://www.xe.com/currencycharts/?from=GBP&to=JPY&view=1M

 

実はそれだけではなく、1年のグラフを見ると、昨年の7月よりずっと落ちているのがわかる。

 

f:id:uwanosorajikenbo:20160630221152p:plain

http://www.xe.com/currencycharts/?from=GBP&to=JPY&view=1M

 

昨年2015年にはウィンブルドンの賞金は以下のように報道された。

男女シングルスの優勝者に対する賞金は前年の176万ポンド(約3億2030万円)から8%引き上げられ、188万ポンド(約3億4225万円)となる。
http://www.thetennisdaily.jp/news_detail.asp?idx=109798

3億4225万円!!

今年は、2億7600万円。

実に6600万円も減っているではないか。

これはひどい。

2011年後半から、ポンドは円に対して価値が上がってきていた。しかし去年の夏頃をピークにだだ下がり。国民投票は最後の一撃となった。

 

f:id:uwanosorajikenbo:20160630221248p:plain

GBP/USD and GBP/JPY Enter a Technical Pressure Zone

 

果たして、7月10日に優勝が決まるころ、このレートはどうなっているだろう。

できるだけ回復してから日本円にしたいものだ(?)

 

ちなみにアメリカドルに対しても、ポンドの価値は下がっている。

 

f:id:uwanosorajikenbo:20160630221330p:plain

GBP/USD and GBP/JPY Enter a Technical Pressure Zone

 

 ”イギリスのEU離脱派多数でウィンブルドンの賞金が減る” -vavelアメリカテニス

 

これでは威厳を大事にしているウィンブルドンも形なしである。

 

まとめ

ウィンブルドンの賞金は、男女平等であり、シングルスが圧倒的に高額である。
ウィンブルドンには参加するだけで賞金が出る。

賞金はポンド建てであり、ポンドとしては昨年よりも高額であるが、ポンドの価値が下がっていて日本円にすると、シングルスの優勝賞金では6600万円以上減ることになる。

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

 

sponsored link