うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

パリマスターズ2017ドローと日程とシード!杉田祐一の組み合わせは【テニス】BNPパリバじゃなくロレックスになってた

テニスのパリマスターズ2017、今年からスポンサー名がロレックスとなって、「ロレックス・パリマスターズ」という呼び名になった。去年まではBNPパリバの名が冠されていたが同じ大会である。
パリマスターズは、実質ATPツアーの最終戦となり、残る大会は、選ばれしトップ選手だけが出場できるツアーファイナルとネクストジェネレーション・ツアーファイナルだけである。
パリマスターズ2017には、日本からは今のところ杉田祐一選手のみがエントリーリストに載っている。
パリマスターズ2017のドロートーナメント表や杉田選手の組み合わせはどうなっているか。シード選手の顔ぶれは?
そして日程やや放送予定についてもチェック。

 

sponsored link

 

 

パリマスターズ2017ドロートーナメント表

ドロー数

  • シングルス 48
  • ダブルス 24

ドロー発表は大会直前。発表後追記予定。杉田選手の組み合わせについても追記予定。

パリマスターズ2017日程

パリマスターズ2017の開催期間は、

  • 2017/10/30(月)~11/5(日)

予選は10/28と29。

予定されている日程は、

  • 10/28(土) 予選 10am~
  • 10/29(日) 予選 10am~
  • 10/30(月) 1回戦 11am~、7pm~
  • 10/31(火) 1,2回戦 11am~、7pm~
  • 11/1(水) 2回戦 11am~、7pm~
  • 11/2(木) 3回戦 11am~、7pm~
  • 11/3(金) 準々決勝 2pm、7:30pm~
  • 11/4(土) 準決勝 11:45am~
  • 11/5(日) 決勝 12:15pm~

時間は現地時間。

予選は終日、本戦1回戦から準々決勝までは、昼の部と夜の部になっていて、準決勝と決勝はお昼頃に開始の予定である。

パリマスターズ2017会場

パリマスターズ2017の開催都市は、その名の通り、

  • フランス・パリ

会場は、

  • ベルシー・アリーナ

または現在の命名権スポンサーの名で、「アコーホテルズ・アリーナ」とも呼ばれる。

場所は、パリの12区。パリ中心部からみて全仏オープンが行われるスタッド・ローランギャロスとは反対の東南側。

コートのサーフェスは?

ベルシー・アリーナのコートのサーフェスは、

  • 屋内ハード
日本との時差は?

パリオープン2017開催時のパリと日本の時差は、

  • 8時間

日本のほうが8時間進んでいる。たとえば、パリの朝10時は日本の午後6時、パリの夜7時は日本の午前3時である。

パリマスターズ2017放送予定

パリマスターズ2017の放送・配信を担当するのは、

  • NHK
  • GAORA
  • スポナビライブ

NHKでは現在11/7の録画放送のみが予定にのっているがそのほかは未発表。
GAORAは10/30(月)連日生中継。セレクション放送や配信もある。
スポナビライブも10/30(月)から毎日配信。

GAORAが見られるスカパー!とスポナビライブへのご登録は以下のリンクからできます。

パリマスターズ2017シード選手

シングルスのシード選手は16名。ドロー数48のためシード選手は全員1回戦がByeとなる。
シード順は10/23発表の世界ランキング順。

10/14のランキングではシード選手は次のようになるがかなり入れ替わる見込み。

  1. R.ナダル
  2. R.フェデラー
  3. A.ズべレフ
  4. M.チリッチ
  5. D.ティエム
  6. G.ディミトロフ
  7. D.ゴファン
  8. P.カレノブスタ
  9. M.ラオニッチ
  10. R.バウティスタアグ
  11. K.アンダーソン
  12. J.イズナー
  13. S.クエリ
  14. J.ツォンガ
  15. T.ベルディハ
  16. J.ソック

パリマスターズ2017欠場選手

パリマスターズは、上位選手に出場義務がある大会であるが、故障のため錦織選手をはじめ、次の選手たちが欠場予定である。

  • A.マレー
  • N.ジョコビッチ
  • S.ワウリンカ
  • K.錦織
  • G.ミュラー

杉田選手は、ミュラー選手の代替で本戦入りすることとなった。

 


【BONJOUR PARIS ボンジュールパリ】 TUSHITA カレンダー 2018年 壁掛け 写真 風景 30×60cm インテリア2018 Calendar平成 30年 暦 通販【あす楽】マシュマロポップ【TIK】

パリマスターズ2017昨年の優勝は

シングルスの優勝は、

  • A.マレー

準優勝は、イズナー選手だった。イズナー選手は今年も出場している。

ダブルスの優勝は、

  • H.コンティネン・J.ピアーズ

日本選手は、本戦に第5シードで錦織選手が、予選には第12シードで杉田選手が出場。
錦織選手は、3回戦でツォンガ選手に敗れ、杉田選手は予選の1回戦でベネトー選手に敗れた。

さらに過去の優勝選手を見ると、ジョコビッチ選手が2013~15年に3年連続で優勝していて、連続優勝を果たしたのは46回の歴史の中でジョコビッチ選手だだ一人。
今年第1シードのナダル選手は、驚いたことにパリで優勝したことがなく、2017年に1度準優勝したのが最高成績である。第2シードのフェデラー選手も2011年に1度優勝があるだけで決勝進出したのはこの1回のみ。

はかに今年出場見込みの選手では、フェレール選手、ツォンガ選手、ベルディハ選手が過去に優勝している。また、モンフィス選手が決勝進出している。

 

sponsored link

 

 

パリマスターズ2017なぜBNPパリバじゃなくてロレックス・パリマスターズ

ロレックスになったのは、スポンサー契約が新しくなったからである。
今年6月、パリマスターズを主宰する仏テニス協会は、BNPパリバ銀行との契約を集結し、ロレックスとタイトル・スポンサー契約を結んだことを発表した。
ロレックスは、今後10年間、パリマスターズのタイトルスポンサーをする。

ロレックスは、世界に知られたスイスの高級腕時計ブランドで、多くのテニス大会でタイムキーパーを提供している。パリマスターズでも、2007年から公式タイムキーパーであった。

ロレックスは、テニス以外にも、ゴルフ、セーリング、モータースポーツ、競馬や馬術など多くのスポーツ大会のスポンサーをしている。ロレックスのホームページによれば、ロレックスと格式高いスポーツ大会との関係は「単なるスポンサーというより真のパートナーという関係」と言っている。

ロレックスに変わった理由は、ざっくりいえば、仏テニス協会とロレックスのブランドイメージ戦略が合致した結果ということであろう。

テニスのマスターズでは、他に上海とモンテカルロでもタイトルスポンサーとなっている。

ちなみに、日本の企業Nitto(日東電工株式会社、本社:大阪市)が、今年から4年間ATPツアーファイナルのタイトルスポンサーとなったことが今年5月に発表されている。今年のツアーファイナルは、「Nitto ATP Finals」という名前になっている。

 

sponsored link

 

 

まとめ

パリマスターズ2017は、10/30から1週間フランス・パリのベルシーアリーナで開催される。日本からは杉田選手が出場予定。

パリマスターズはBNPパリバとはタイトルスポンサー契約を終了し、今年から10年間、ロレックス・パリマスターズという名で呼ばれることとなった。