読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

リオ五輪シンクロ日本代表の音楽の曲名は?

リオ五輪

リオ五輪のシンクロナイズドスイミングは、音楽に合わせた振付けを演技する。

日本代表チームはどんな音楽を使用しているのか、曲名を調査した。

 

f:id:uwanosorajikenbo:20160816202020j:plain

 

sponsored link

 

 


シンクロ日本代表の音楽

リオ五輪のシンクロナイズドスイミングでは、「デュエット」と「チーム」の2種目があり、それぞれテクニカルルーティンTRとフリールーティンFRの演技をする。
今回使用される音楽は4曲。うち3つは日本代表の演技のために作られたオリジナル曲で、和楽器で演奏する日本調の曲である。

■シンクロ日本代表 デュエットの曲

2人で演技する「デュエット」では、テクニカルルーティン(TR)とフリールーティン(FR)の2演目があり、使用音楽は以下の2曲。

1. デュエット テクニカルルーティン(TR)

曲名:Karma、The sell、Ghost Operaのメドレー
作曲:Karmelot(キャメロット)

キャメロットは、アメリカのパワーメタルバンド。

”日本のシンクロチームがキャメロットのメドレーを使用”

”音楽のチョイスにより日本が金メダル”

”日本がシンクロでキャメロットを使用。もう金メダルあげちゃう”

”とてもかっこいい リオ五輪で日本がシンクロのデュエットに使ってるキャメロットの音楽” 

 

けっこう話題になっていて大好評。しかしデュエットのTRは1回しか行われない。

この曲だけが、既存の曲から選んだものであり、ほかの使用曲は、オリジナルで日本代表の演技のために作られたものである。

2. デュエット フリールーティン(FR)

曲名:風姿雷伝
作曲:大沢みずほ、佐藤亘

天気が嵐から晴れに変わる様子がテーマである。

デュエットのFRは、予選と決勝の2回演技がある。

■シンクロ日本代表 チームの曲

8人で演技する「チーム」には、テクニカルルーティン(TR)とフリールーティン(FR)の2演目があり、使用音楽は以下の2曲。

1. チーム テクニカルルーティン(TR)

曲名:弥栄日本
作曲:大沢みずほ、佐藤亘

2. チーム フリールーティン(FR)

曲名:AMATERASU~輝く夜明け
作曲:大沢みずほ、佐藤亘

作曲者の大沢みずほさんによると、曲やテーマがわかりやすいものという井村コーチの要望で1回聞いただけでイメージがわきやすい曲調になっているという。
また、オリジナル曲であるから演技に合わせてリズムやスピードを編曲し選手にストレスがかからないようになっている。
さらには、選手たちが自ら吹き込んだ掛け声も曲に使用されている。

 

sponsored link

 

 


感想

世界大会である場合、きっとその国の特徴やイメージを盛り込んだ演技や音楽のほうが確かにウケがいんじゃないかなとシロウトの私は思ってしまうが、どうだろう。
今さらそんなことないのかな。だってキャメロットの選択は反応いいようだし。
シンクロナイズドスイミングはもともとは欧米生まれ、やはりロシアの選手などを見ると同じ事やったてたらあの手足の長さと同じものには見えないだろう。日本選手にしかしっくりこないものを見せるといった感じで、意表を突くパワーメタルもオリジナル曲もかっこいいです。
がんばれニッポン!

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com