うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

BNPパリバオープン2017の賞金とポイント一覧【テニス】男女差はある?

アメリカのインディアンウェルズで開催中のBNPパリバオープン2017には、錦織圭選手や大坂なおみ選手、西岡良仁選手、土居美咲選手、奈良くるみ選手、そして青山修子選手が出場している。

BNPパリバオープンは、グランドスラム以外での最も大きなテニス世界大会のひとつで、優勝すれば高額賞金と高ポイントが約束されている。

BNPパリバオープン2017の賞金とポイントを調べ一覧にした。

男女同時開催となっているが男女差はあるのか、また、最近のテニス大会では、予選や1,2回戦で敗退する選手の待遇改善の一つで賞金が上昇傾向であるが、インディアンウェルズではどうなっているだろう。

 

sponsored link

 

 

BNPパリバオープン2017 男女差

BNPパリバオープン2017の賞金は、

  • 男女同額

グランドスラムと同じように、男女差はない。

BNPパリバオープン2017 賞金総額

賞金総額は、男女各

  • $6,993,450

日本円にして、約8億116万円。レートは3/9で1ドル=約114.56円。

ただし、経費総額は男女で少し差があり、男子$7,913,405、女子$7,699,423と発表されてる。

BNPパリバオープン2017 優勝賞金

シングルス

  • $1,175,505

約1億3470万円。

 

ダブルス

  • $385,170

約4400万円。

優勝賞金には、シングルスとダブルスで大きな差がある。

BNPパリバオープン2017 賞金一覧

シングルス

優勝 1,175,505 約1億3470万円
準優勝 573,680 約6570万円
ベスト4 287,515 約3300万円
ベスト8 146,575 約1680万円
4回戦 77,265 約890万円
3回戦 41,350 約470万円
2回戦 22,325 約256万円
1回戦 13,690 約157万円
予選突破 0 0
予選2回戦 4,075 約47万円
予選1回戦 2,085 約24万円

引用元はATP,WTA

予選に出場すると約24万円、本戦に出場すると約157万円である。

 

ダブルス

優勝 385,170 約4400万円
準優勝 187,970 約2150万円
ベスト4 94,220 約1080万円
ベスト8 48,010 約550万円
2回戦 25,320 約290万円
1回戦 13,550 約155万円

ダブルスも、1回戦に出場すれば、シングルスとおよそ同額の約155万円。ただし、1ペア分であるから、一人分は半分である。

優勝まで6回戦あることを考えると、シングルスの6回戦は準決勝。ダブルスの賞金は、シングルスの準決勝敗退よりは多く、決勝敗退の準優勝よりは少ない

BNPパリバオープン2017 ポイント一覧

賞金は同額であったが、ポイントは、男女で少し違っている。

シングルス

  女子シングルス 男子シングルス
優勝 1000 1000
準優勝 650 600
ベスト4 390 360
ベスト8 215 180
4回戦 120 90
3回戦 65 45
2回戦 35 25
1回戦 10 10
予選突破 30 16
予選2回戦 20 8
予選1回戦 2 0

 

sponsored link

 

 

まとめ

BNPパリバオープン2017の賞金は、男女同額であるが、ポイントについては、優勝の1000ポイントの実が同じで、あとは少しずつ違っている。

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com