うわのそら事件簿

日々のちょっとした事件や問題や気になったこと

マクラクラン・ベン選手とは?プロフィールを調べてみた【テニス】デビスカップ2017

錦織選手、西岡選手、ダニエル選手などが出場しない、来年の本戦出場をかけたブラジルとのデビスカップ・プレーオフ2017。今回は、ダブルスの新戦力としてマクラクラン・ベン選手が初選出された。マクラクラン・ベン選手のベンは、ベンジャミンかと思いきや漢字で勉と書くという。マクラクラン勉選手っていったいどんな選手?

※10/8 マクマクラン選手は、楽天ジャパンオープン2017で内山選手と組み、ATPツアー初優勝!

 

sponsored link

 

 

マクラクラン勉プロフィール

 

Thanks to @solinco for the continued support! #kyotochallenger

A post shared by Ben Mclachlan (@benmclaaaach) on

マクラクラン勉選手は、1992年5月10日ニュージーランド・クイーンズタウン生まれの25歳。

クイーンズタウンというのは、地図で見るとニュージーランド南島のここ。

f:id:uwanosorajikenbo:20170913221432p:plain

Google Maps

美しい自然が有名で、年間130万人が訪れる世界的観光地。バンジージャンプの発祥の地としても知られる。クイーンとはヴィクトリア女王のこと。

マクラクラン選手は、身長185センチ、体重78キロ、右打ち、バックハンドは片手打ち。

現在の世界ランキングは、ダブルスで138位、自己最高は130位のダブルス専門の選手。現在ATPのシングルスランキングが0となっているが、自己最高は2015年の729位、ジュニア時代の2010年にはITFランキングで45位を記録している。

マクラクラン選手によると、ダブルスのほうが好きで、自分に向いているという。

日本男子は、ダブルスが弱点で、ダブルス世界ランキング日本勢最高であるマクラクラン選手の投入で、ダブルスを補強する。ペアを組むのは、内山靖崇選手で、13歳のころからの知り合いなのだという。ちなみに内山選手のダブルスの世界ランキングは461位、自己最高は177位。

マクラクラン選手が日頃活躍しているのは、チャレンジャーツアーやフューチャーズのダブルスで、これまでにチャレンジャーで1回、フューチャーズでは13回優勝している。今年は、6月のイタリア・トーディの大会で優勝、パートナーはSteven de Waad選手だった。

 

Stoked to get my first challenger title with @stevendewaard. Thanks @solinco for hooking me up this week

A post shared by Ben Mclachlan (@benmclaaaach) on

2015年ごろは、日本の綿貫選手や、吉備選手とペアを組んでいる。

マクラクラン選手は、最近まで生まれ故郷ニュージーランド籍の選手としてプレーしていたが、今年6月から日本籍になった。

マクラクラン・ベンの家族

マクラクラン選手の両親は、父がニュージーランド人で母が日本人。祖母が大阪・柏原市在住で、小学校のころ4か月ほど柏原小学校に通っていたことがあるそうである。

1991年生まれの兄・リキ(Riki)もテニス選手であったが、現在はマクラクラン選手のコーチとなっているようである。

f:id:uwanosorajikenbo:20170913235022p:plain

兄リキと
マクラクラン選手のFacebookより

マクラクラン・ベン日本代表になった経緯は

マクラクラン選手は、クイーンズタウンのワカティプ・ハイスクールを卒業後、アメリカ・カリフォルニア大学バークレー校に進学。

スポニチの記事によると、「バークレー校で練習していた縁でトーマス嶋田コーチに4月ごろ声をかけられた」ことが縁で6月にこくさテニス連盟に日本代表として受理されたという。

けっこう急展開だったんですねえ。

マクラクラン選手がデビスカップに出場するのは、初めて。ニュージーランドの代表歴はない。

 

 

sponsored link

 

 

デビスカップ2017マクラクラン・内山のダブルスはいつ

デビスカップ2017日本vsブラジルプレーオフのダブルスは、9/16(土)午前11時殻が予定されている。会場は大阪・靭テニスセンター。放送はWOWOW。

※ダブルスは負けてしまった。

 

関連記事:

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com

uwanosorajikenbo.hatenablog.com